ハラフ文化

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • ハラフ文化では道具は粘土や石から作られ、銅は知られてはいたものの、加工して道具に使ったりはしなかった。 ...
  • またハラフ文化の共同体では、半焼きの粘土や石で小さな女性像が作られたほか、粘土に押すための石でできた印章なども作っていた。 ...
  • M層の上のL層は、北メソポタミアのテル・ハラフで発見されたハラフ文化の時期に遡るとみられる。 ...
  • ハラフ式彩文土器は、これまで輸出用などに特別に作られた「交易用陶器」であると考えられてきたが、ハラフ文化の遺跡のうち土器職人の住居が見られる遺跡の全てで地元製の彩文土器が顕著に見られることから、この説には疑問が投げかけられている。 ...
  • 考古学者マックス・マロワンは、新石器時代のハラフ文化に属する構造にも tholos の名称を使っているが、両者には直接の関係はない。 ...
  • テル・ブラク遺跡には、紀元前6000年頃から小さい集落があったとされ、新石器時代後期のハラフ文化に属する遺物や、その後に続くウバイド文化の遺物が発掘されている。 ...
  • 中東でも円形の建築物は多く、新石器時代のハラフ文化に見られる円形の建築物もトロスと呼ばれている。 ...
  • そして紀元前5200年以降にはハラフ文化と称される農耕文化が栄えて、メソポタミア北部にはハラフ土器が普及していく。 ...
  • メソポタミア北部のハラフ文化は、紀元前5000年頃にメソポタミア南部から広がったウバイド文化に継承され、テル・ハラフは長い間放棄された。 ...
  • ハラフ式の陶器はニネヴェやテペ・ガウラ、チャガル・バザールなどメソポタミア北部の広い地域で発見されているほか、アナトリアの各地でも発見されており、ハラフ文化の広がりがうかがわれる。 ...
  • 発掘の結果、紀元前6千年紀の有土器新石器時代に北メソポタミアで栄えたハラフ文化に属する土器が見つかった。 ...
  • ウバイド3期および4期では急速な都市化が見られ、文化の範囲も東方のザグロス山脈方向、南方のカタール等ペルシア湾岸方向、北方のメソポタミア北部方向へと伸び、北ではハラフ文化に置き換わっていった。 ...
  • ハラフ文化は紀元前6000年から紀元前5500年頃に北メソポタミア・シリア・アナトリアなど「肥沃な三日月地帯」で始まった有土器新石器時代の文化で、テル・ハラフ遺跡も概ねこの時期に栄えており、この間に大きな中断の時期はない。 ...
  • ハラフ文化は、「ハラフ期」に栄え、紀元前5000年頃にメソポタミア南部から広がったウバイド文化に継承された。 ...
  • テル・ハラフはハラフ文化の標式遺跡である。 ...