ハドレー循環

28 の例文 (0.00 秒)
  • 現在では赤道周辺を起点とし低緯度地域を廻る循環のみがハドレー循環と呼ばれている。 ...
  • は1735年に、貿易風は熱帯が太陽の熱を多く受けることと地球の自転の力によって生じるとの説を発表し、これが後のハドレー循環の発見につながる。 ...
  • フェレル循環とハドレー循環により、中緯度地域の上空では、常に南北の空気が衝突している。 ...
  • ハドレー循環と同様の機構により、やや弱いながらも緯度60度付近で上昇して極周辺で下降する循環が存在する。 ...
  • 大気大循環で言う、赤道のハドレー循環と中緯度のフェレル循環の境界をなす。 ...
  • これがハドレー循環と呼ばれる大気循環である。 ...
  • 例えば熱帯で暖められた空気が上昇し、亜熱帯高圧帯で下降するハドレー循環などの大気の大循環がそのいい例である。 ...
  • ハドレー循環とは、赤道付近で上昇した空気が上空をした後、緯度30度付近で下降し低空をして赤道に戻る循環のこと。
  • thumb|left|木星のゾーンでの風の速度 木星の帯状構造の起源は完全に分かっていないが、地球のハドレー循環と同じ原理かもしれない。 ...
  • ハドレー循環は、熱帯収束帯で上昇した空気が中緯度高圧帯へ移動する事で熱をより高い緯度へ運ぶため、「直接循環」と呼ばれている。 ...
  • ハドレー循環の角運動量が収束することと、Js自身の傾圧不安定波による水平渦度の混合によって発生すると考えられている。 ...
  • 赤道を挟んだ低緯度には、地表加熱による上昇気流を原動力としたハドレー循環があり、地表では熱帯収束帯と呼ばれる上昇気流の中心線に向かう北東・南東の貿易風が吹く。 ...
  • 貿易風は赤道付近の熱帯収束帯で空気が温められて上昇し、高緯度に向けて移動したのち、緯度20度から30度付近の亜熱帯高圧帯で冷却されて下降し赤道付近に向けて移動する、いわゆるハドレー循環の一部である。 ...
  • フェレル循環は、熱力学的に見るとハドレー循環と極循環の2つの大循環によって引き起こされる2次的な循環だといえる。 ...
  • よって、対流活動が不活発化すると同地域のハドレー循環が弱まり、衰えた太平洋高気圧の西への張り出しが弱くなる一方、海水温低下により西太平洋赤道域の気圧は高くなり、日本付近は逆に気圧が低くなる。 ...
  • 赤道から緯度30度付近にかけての循環はハドレー循環と呼ばれ、赤道付近の熱帯収束帯で空気が温められて上昇し、高緯度に向けて移動したのち、緯度20度から30度付近の亜熱帯高圧帯で冷却されて下降し赤道付近に向けて移動する。 ...
  • 極地方の寒気と赤道地方の暖気は、低緯度帯のハドレー循環・中緯度帯のフェレル循環・高緯度帯の極循環の3つの空気循環からなる、いわゆる大気大循環によって攪拌されており、熱の不均衡を緩和する役割を持っている。 ...
  • 次へ