ハッシュ木

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • ハッシュ木は、単独または複数のコンピュータで保存・処理・転送される任意のデータの検証処理に利用できる。 ...
  • 具体的な利用例としては、サン・マイクロシステムズがZFSにハッシュ木を使用している。
  • ハッシュ木は1979年にラルフ・マークルによって発明された。 ...
  • ハッシュリストとの主な違いは、ハッシュ木の一部の枝だけをダウンロードでき、またハッシュ木の全体が利用可能でなくても枝の完全性を検査することができるという点にある。 ...
  • 多くのハッシュ木の実装は二分木であるが、各ノードがそれより多くの子ノードを持つようにもできる。
  • なお、意図しないデータ破損に対する保護だけを目的にハッシュ木を使用する場合であれば、CRCなどのよりセキュリティの低いチェックサムを使用してもよい。
  • だが、ハッシュ木を利用することで、1つのランポート鍵で、複数のメッセージの署名をすることが可能である。
  • トップハッシュさえ利用可能になっていれば、ハッシュ木そのものはどこから取得してもよく、例えばP2Pネットワークのピアなどの信頼できない情報源から取得してもよい。 ...
  • 次に、信頼できるトップハッシュを使って、取得したハッシュ木の検査を行い、ハッシュ木が破損していたり偽物だったりした場合は別の情報源からハッシュ木を取得する。 ...
  • ここで、ランポート署名をハッシュ木と組み合わせると、ひとつの鍵を複数のメッセージに対して使用できるようになり、効率的なデジタル署名スキームを構築することができる。 ...
  • ハッシュ木はノードにハッシュ値を持つ二分木であり、葉の部分にはデータブロックのハッシュ値が入っている。 ...
  • このようなファイルのハッシュは、ハッシュリストやハッシュ木のトップハッシュであることが多く、それによって別の利点も生じる。 ...
  • ハッシュ木に関するその他のテクニック、利点、詳細などについては参考文献および外部リンクを参照すること。 ...
  • 暗号理論および計算機科学において、ハッシュ木またはマークル木とは、より大きなデータの要約結果を格納する木構造の一種であり、データの検証を行う際に使用される。 ...
  • ハッシュ化対象のファイルが非常に大きい場合、ハッシュ木やハッシュリストのサイズはそれに応じて大きくなるが、ハッシュ木なら一部の小さな枝だけをダウンロードでき、枝の完全性チェックが行え、データブロックのダウンロードをすぐに開始することができる。 ...