ハイスマイヤー

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 一九四四年六月はじめ、ハイスマイヤー医師は成人を対象に実験を開始した。 ...
  • ハイスマイヤー医師の実験用モルモットとして、選抜されたのである。 ...
  • 何人の成人囚人がハイスマイヤーの手にかかったか不明だが、一〇〇人以上と推定されている。 ...
  • しかしおそらくグリュックスの階級が低すぎたために代わりにハイスマイヤーが強制収容所総監と親衛隊髑髏部隊司令官に就任することになったものである。 ...
  • 結核病原体に対する防御物質がリンパ腺に集積しているかどうか、ハイスマイヤーは確認したかったのだ。 ...
  • ハイスマイヤー親衛隊大将本部は、政治教育を行うナポラの監督を行う本部である。 ...
  • ハイスマイヤーは、この囚人の気管から肺のなかにゴム管を挿入する。 ...
  • 最後にハイスマイヤーは、結核にかかっていない健康な囚人を数人、〝対照健康被験体〟として連れてこさせた。 ...
  • にも拘わらず、ハイスマイヤーは二〇人の子供に同じ結核菌血清をもちい、結核に対する免疫形成と、場合によっては既得の免疫性を確定する実験を行なおうと考えていた。 ...
  • 菌を注射された囚人たちが高熱をだし、結核病巣が肺のなかに広がる様子を四週間にわたって観察したのち、ハイスマイヤーは今度は彼らの死体を解剖にふすため、死体置き場に運ばせた。 ...
  • 親衛隊本部やハイスマイヤー親衛隊大将本部の長官を務めた。 ...
  • 人体実験「人為的に発生させた皮膚結核による重度肺結核の根治」を実験するため、ハイスマイヤー医師はユダヤ人捕虜を用いた生体実験を行なうことを決意した。 ...
  • これに伴い、ナポラは親衛隊の直接的な影響下に置かれ、ハイスマイヤーは教職員に親衛隊への入隊を迫った。 ...
  • ハイスマイヤーは、脇の下の皮膚を五センチにわたって切開し、リンパ腺を摘出してから傷口に綿球をつめた。 ...
  • 大戦末期の1945年4月には国民突撃隊やヒトラー・ユーゲントから集められた「ハイスマイヤー戦闘団」の司令官となった。 ...