ノーフォーク公爵

121 の用例 (0.00 秒)
  • 以降ノーフォーク公爵位は今日に至るまで剥奪されることなく続いている。
  • さらに1975年には本家から第17代ノーフォーク公爵位を継承した。
  • ノーフォーク公爵の分家の一人であるが1930年に叙されたのに始まる。
  • 同年、支持者の一人ジョン・ハワードにノーフォーク公爵位を与える。
  • 女王はノーフォーク公爵の死刑執行命令書署名に際して動揺を見せた。
  • 現在まで続いているノーフォーク公爵家は彼の子孫である。
  • この数字はノーフォーク公爵家が有数の大地主貴族であることを意味している。
  • 以降ノーフォーク公爵位とともに継承される従属爵位として現在まで続く。
  • しかしこの後もノーフォーク公爵はメアリーとの接触を続けた。
  • ノーフォーク公爵家は歴史的に国教忌避の態度をとったカトリック教徒である。
  • これがノーフォーク公爵位の最初の創設だった。
  • そのためノーフォーク公爵位は三従兄弟のバーナード・ハワードが継承している。
  • 現在もノーフォーク公爵家一族が暮らしている。
  • ノーフォーク公爵は自分はカトリックではないと主張していたが、最終的にはメアリーと結婚する決意を固めた。
  • その翌年の1554年に祖父が死去し、18歳にして第4代ノーフォーク公爵位を継承することになった。
  • 第2代ノーフォーク公爵とその最初の妻エリザベス・ティルニーの間の娘として生まれた。
  • 以降ノーフォーク公爵位は3代88年にもわたって失われた。
  • ノーフォーク公爵ハワード家の大紋章は大きく5つの要素から成り立っている。
  • 弟のジョンが爵位を継承、1425年にノーフォーク公爵位を与えられ復権を果たした。
  • この恩賞で父の第2代ノーフォーク公爵への復権が勅許された。
  • 次へ »