ネワラ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 見ると馬は車から離され、安心した様子で寝藁ねわらの上に横になっている。 ...
  • 籠のなかには快適さをもたらすものもなく、王は寝藁ねわらに腰をおろした。 ...
  • ラマーダのなかに積まれていた大量の乾草がまぐさにも寝藁にもなった。 ...
  • きたな寝藁ねわらが一面に散らばっているのを見ただけで、ここに誰か寝ていたことがわかる。 ...
  • 二人は馬を厩の前の寝藁ねわらをほす石だたみのところにつれて行った。 ...
  • 亭主ていしゆ土間どまに立っており、女房にようぼうと子供らは寝藁ねわらの中にすわっている。 ...
  • 四頭の成獣は屋根の下に寄り集まり、寝わらに足を折ってこちらに顔を向けている。 ...
  • けものにおいと寝藁ねわらの匂いが鼻についた。 ...
  • 同時にそのうしろで寝藁ねわらをガサガサいわせていたあたりで、ボウとがついた。 ...
  • 犬が近づいてくると、サエは帯に挟んだ寝藁を抜いて、その匂いを猟犬に嗅がせた。 ...
  • 自身のプロフィールでは寝藁上げを特技として挙げている。 ...
  • 寝藁が乱れていたのは見たが、あの乱れ方の中に、そんな動きの跡が、本当に見えたのだろうか。 ...
  • その獣はぶ厚い寝藁を敷いてあるにもかかわらず、右の前足をまっすぐつきだしている。
  • 乱れた寝藁ねわらの上に尻をつき、手にぶら下げた鎖を、ヴァンは呆然ぼうぜんと見つめた。 ...
  • えさとしてなにをあたえ、どういう寝藁ねわらを使うかまで、あの規範は細かく定めている。 ...
  • 「寝藁を頭から山ほどかけてけれ」エシリは藁の中から首を伸ばして叫んだ。 ...
  • 他にイギリスなどではいわゆるヒースから枝箒や燃料を得て、あるいはこれをもって寝わらとし、屋根を葺きと生活の多くの面で利用してきた。 ...