ネジ鉢巻

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 団子山という相撲上りの大男がネジ鉢巻で料理をつくっている。 ...
  • カメラは、捩り鉢巻の彼をやや斜め後方から捉えている。 ...
  • 小料理屋というよりもおでん屋をやった方がいいのではないかと思えるようなねじ鉢巻はちまきをした赤ら顔の親父おやじと、驚くほど額の狭い着物姿の女がいた。 ...
  • 捩り鉢巻の武雄は黙ったまま腕組みして、その絶壁や岩場に鋭い視線を遣る。 ...
  • 頭に手拭いでネジリ鉢巻はすることがあっても、雑巾のネジリ鉢巻は軽蔑されてしまうのである。 ...
  • 日曜日になるとネジリ鉢巻をして妻子を前にしてにぎり寿司をつくったり、そうかと思うとビーフシチューをことこと煮たりしているという噂がある。 ...
  • 原島はその店とは随分古くからのつきあいのようで、捩り鉢巻の親父や額の狭い女と、それからひとしきりぼくにはほとんどわからない両方の知人の噂話うわさばなしのようなものをしていた。 ...
  • 三人が浪人ふうの男で、一人は、このあたりに住む漁師のような風体ふうていで、この男はつるつるヽヽヽヽ禿げあがった頭へ手ぬぐいのねじ鉢巻はちまきをしている。
  • ネジリ鉢巻に尻をはしょッて忙しくやっている。
  • 町内渡しの際は担ぎ手は各町会の衣装、宮入り時は各町会衣装に紫黄のネジリ鉢巻を巻く。
  • 広瀬叔功は、ねじり鉢巻をした魚屋の親父といった雰囲気を漂わせて球界随一のすばしっこさを誇り、走れば必ず盗塁を成功させた。 ...
  • 「ハア キタサア、キタサア」 捩り鉢巻の親父が手拍子てびょうしをうちながらひどく陽気な声で調子をとった。 ...
  • 出世作「三日月」で、世に出るまでの村上浪六は、浴衣ゆかたにネジリ鉢巻というベランメエ姿で、校閲部にとぐろを巻いていた。 ...
  • 冬でもかぶり、忽ち発熱三十九度、馬鹿らしい話だが、大マジメで、ネジ鉢巻甲斐々々しく、熱にうなり、パーリ語の三帰文というものを唱え、読書に先立って先ず精神統一をはかるという次第である。 ...
  • そろいの青い法被はっぴねじ鉢巻はちまき ...