ヌヴェール公爵

42 の用例 (0.00 秒)
  • ヌヴェール公爵夫人とマルグリット・ド・ナヴァールがそこにいたのだ。 アレクサンドル・デュマ/鹿島茂『編訳 王妃マルゴ(上)』より引用
  • もちろん、マルゴとヌヴェール公爵夫人も馬に乗って、行幸の中にいた。 アレクサンドル・デュマ/鹿島茂『編訳 王妃マルゴ(上)』より引用
  • こうした事件のあった数日後、マルゴはヌヴェール公爵夫人の訪問を受けた。 アレクサンドル・デュマ/鹿島茂『編訳 王妃マルゴ(上)』より引用
  • ヌヴェール公爵夫人は一人で部屋の隅にいた。 アレクサンドル・デュマ/鹿島茂『編訳 王妃マルゴ(上)』より引用
  • ヌヴェール公爵夫人の夫が戻ってきていたので、ココナスをギーズ館に置いておくことはできなかったのである。 アレクサンドル・デュマ/鹿島茂『編訳 王妃マルゴ(上)』より引用
  • つづいて、ラ・モールがヌヴェール公爵夫人に同じことをした。 アレクサンドル・デュマ/鹿島茂『編訳 王妃マルゴ(上)』より引用
  • だが、ヌヴェール公爵夫人がマルゴを訪れたのは、そうした恋の話に興ずるためだけではなかった。 アレクサンドル・デュマ/鹿島茂『編訳 王妃マルゴ(上)』より引用
  • ヌヴェール公爵夫人はそっとココナスの腕を引いた。 アレクサンドル・デュマ/鹿島茂『編訳 王妃マルゴ(下)』より引用
  • そのとき、丘の上に、マルゴとヌヴェール公爵夫人があらわれ、二人に声援を送った。 アレクサンドル・デュマ/鹿島茂『編訳 王妃マルゴ(上)』より引用
  • 今度はヌヴェール公爵夫人が近づいて、ココナスの頭をマントの裾にくるんだ。 アレクサンドル・デュマ/鹿島茂『編訳 王妃マルゴ(下)』より引用
  • そのとき、とつぜんドア・カーテンがあいて、ヌヴェール公爵夫人があらわれた。 アレクサンドル・デュマ/鹿島茂『編訳 王妃マルゴ(下)』より引用
  • ヌヴェール公爵夫人はといえば、壁にもたれかかったまま、恋人の蒼白の顔から視線を離すことができないでいた。 アレクサンドル・デュマ/鹿島茂『編訳 王妃マルゴ(下)』より引用
  • そこで、マルゴはヌヴェール公爵夫人の家で夜の残りを過ごしたあとで、夜明けと同時にルーヴルへ戻ってきた。 アレクサンドル・デュマ/鹿島茂『編訳 王妃マルゴ(下)』より引用
  • ココナスは、ヌヴェール公爵夫人と仲直りするにはどうしたらいいか考えながら、部屋を辞去した。 アレクサンドル・デュマ/鹿島茂『編訳 王妃マルゴ(下)』より引用
  • カトリーヌ・ド・メディシスが秘密のドアの鍵穴に鍵を差し込むのと、ココナスとヌヴェール公爵夫人が奥のドアから出ていくのとはほとんど同時だった。 アレクサンドル・デュマ/鹿島茂『編訳 王妃マルゴ(上)』より引用
  • ヌヴェール公爵としてはルイ4世・ド・ゴンザーグと呼ばれる。
  • マルゴとヌヴェール公爵夫人は、ラ・モールとココナスの様子を探ろうと何度も試みたが、一度も成功しなかった。 アレクサンドル・デュマ/鹿島茂『編訳 王妃マルゴ(下)』より引用
  • ヌヴェール公爵夫人はそれと同時に、自分のところに手紙を届けた伝令のほかに、もう一人ローマから早馬で駆けつけた伝令がいて、その男はルーヴルの中に消えたという話をした。 アレクサンドル・デュマ/鹿島茂『編訳 王妃マルゴ(上)』より引用
  • マルゴがヌヴェール公爵夫人と話をしたかったのは、ラ・モールを隠しておける場所を貸してもらおうと思ったからだった。 アレクサンドル・デュマ/鹿島茂『編訳 王妃マルゴ(上)』より引用
  • 部屋のもういっぽうの端では、あの勇敢なヌヴェール公爵夫人が、意識をなくして絨毯の上に横たわっていた。 アレクサンドル・デュマ/鹿島茂『編訳 王妃マルゴ(下)』より引用
  • 次へ »

ヌヴェール公爵 の使われ方