ナンガ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 随分独断的な話であるが、南画の秘訣ひけつはここにあるということに決めた。 ...
  • 一年南画を勉強して、誰の前ででも平気で描くには、相当の修養がる。 ...
  • 師の文晁に倣って南画のみならず様々な系統の画派を広く吸収した。 ...
  • 南画の将来を憂い明治18年に大坂に画学校の創設を企て府知事に提案。 ...
  • 私はすでに彼の筆蹟ひっせきや南画が、彼の焼物よりさらに美しい旨を述べた。 ...
  • 別に、鴨居から一幅、南画の山水のちゃんと表装したのがかかっていた。 ...
  • 特に南画においてそういう必要があるのではあるまいか。 ...
  • 昨年の春から、自分では南画と称しているところの墨絵を描くことを始めた。 ...
  • 木米は南画でも有名であるが、中国風の煎茶器にすぐれた作品をのこした。 ...
  • 「入る日・出る日」など、特に後期の作品には南画風のものが多い。 ...
  • 別系統で日本に伝わっていた南画と渾然一体となり、全国に広まっていった。 ...
  • もう一歩進むと結局南画のようなものに接近する可能性を持っているのではないかと思われる。 ...
  • そういう最近の南画の研究を、彼はいつの間にか独りでやっていたのだった。 ...
  • 南画などに表現された孤独な思想や精神を林泉の上に現実的に表現しようとしたものらしい。 ...
  • また、嶺南画派の画家としても著名で、様々な作品を残している。 ...
  • 彼もし南画の黒色の梅を愛せば真の白色の梅はこれを棄てざるべからず。 ...
  • 彼もし真の白色の梅を愛せば南画の黒色の梅はこれを棄てざるべからず。 ...