ナレーンドラ

全て 名詞
8 の例文 (0.00 秒)
  • カトマンズ盆地の有力な大集落はこぞってナレーンドラを支持した。 ...
  • ナレーンドラはソンツェン・ガンポの家臣として仕え、雌伏の時代を過ごした。 ...
  • ナレーンドラは即位後数年はチベットの傘下にあったと考えられるが、ソンツェン・ガンポ王が没した649年以降は実質的にも独立国となった可能性が高い。 ...
  • ナレーンドラ王子は吐蕃王ソンツェン・ガンポ王の援軍を得て、チベットから軍を率いてネパールに戻った。 ...
  • ナレーンドラの跡を継いだシヴァ・デーヴァ2世はこれといった業績のない王で、この時代、ネパールはチベットの従属国化が進む。 ...
  • ナレーンドラ王子はソンツェン・ガンポ王の助けを得て、チベットから軍を率いてネパールに攻め戻り、ビーマールジュナ・デーヴァ王とヴィシュヌ・グプタの軍を撃破し、王位に就いた。 ...
  • 祭りの1日目に入り、ヴィッキーはビットゥーやジャナーなどの友人たちとダンサーを呼び飲み明かしていたが、ヴィッキーが誤って魔除けの言葉を消してしまったためストゥリーが現れ、友人のナレーンドラが連れ去らわれてしまう。 ...