ナレータ

全て 名詞
5 の例文 (0.00 秒)
  • しかしおそらくナレータは、バウキスが結婚した時、いま詩で述べた子供時代のことを忘れ去ったと述べている。 ...
  • 最後に、ナレータが遺体を見ることができなかったことへの言及があり、「アイドース」という言葉が二度述べられている。 ...
  • 多分、バウキスはここで亡くなっており、ナレータは友を哀悼できない自分を恥じている。 ...
  • 現存する『糸巻棒』の長い断片の前半分において、ナレータはバウキスと過ごした子供時代を回想する。 ...
  • 彼女は二人で遊んだゲームについて語るが、このゲームはユリオス・ポリュデウケスによる説明があり、彼はこのゲームを「ケリーケローネー」と呼んでいるが、ナレータは更に、モルモー吸血鬼、つまり古代ギリシアの女ブギーマンに対する二人の怖れを語る。 ...