ナレースワン

全て 名詞
29 の例文 (0.00 秒)
  • ビルマで軍事を学んだナレースワンは独立を目指してタイの武力強化を進めた。 ...
  • またナレースワンは私有制だったプライをすべて国王の所有にした。 ...
  • 古くはチャアーン と呼ばれており、ここにナレースワンが軍を駐留した記録が残っている。 ...
  • 即位前から兄ナレースワンの反ビルマ戦争を助け、アユタヤ王朝の独立を助けた。 ...
  • バインナウン死後ナレースワンはバインナウンの占領したタイ族の領土を次々と回復していった。 ...
  • 同年、父王は娘スパンカンラヤーをビルマ王に嫁がせ、代わりにナレースワンを帰国させた。 ...
  • このように形の上での中央集権化を実現したナレースワンであったが、農村社会の自治的な社会システムまでを改革するにはいたらず、事実上の中央集権が実現するのはチャクリー王朝にはいってラーマ5世を国王に迎えてからになる。 ...
  • ナレースワン261警察特殊部隊と同時期に創立された部隊であるが、ナレースワン部隊とは管轄地域、配属が異なる。 ...
  • その後、1587年にアユタヤの独立を回復したナレースワンが、勝利を記念して仏塔を奉納した。 ...
  • この説は考古学的成果や前期アユタヤ王朝以前、ナレースワン以降に書かれたパーリ語歴史文献などとの比較により、決定的とは言えないが、注目されている一つの説になっている。 ...
  • 彼は、マハータンマラーチャーティラート王の忠実さを保証するために、その息子ナレースワンを人質としてバゴーに送ることを要求した。 ...
  • また、タイでは闘鶏の結果を占いに用いており、有名なものとしてアユタヤ朝のナレースワンがビルマと戦争した際に、闘鶏によって戦況を占った例がある。 ...
  • ナレースワンは武人として数々の戦いで自ら軍を指揮し、カンボジアとの戦いでは、プラヤー・ラウェーク王を捕らえ斬首し、その血で足を洗うというインドシナ半島で行われていた戦勝儀式を行っている。
  • この説を唱える歴史学者のニティ・イアオシーウォンなどにより、「アユッタヤー」という名称は、ナレースワンがアユタヤ王朝の独立を回復した際に政治的な意味合いで付けたものとしている。 ...
  • ナレースワン当時の東南アジアはマンダラ論といった学説で解き明かされる、多数の独立した都市国家と同盟を結び朝貢関係によって緩やかにむすばれている連合国家の体系を取ることが一般的であり、アユタヤ王朝もこの例外ではなかった。 ...
  • thumb|300px|アユタヤ王国の日本人兵士 タイでの日本人の活動が活発化したのは、ビルマからの攻撃に悩まされていたアユタヤ王ナレースワンが日本人傭兵を大量に採用してからである。 ...
  • この仏像は、かつて西にあった別の寺院に祀られていたが、17世紀、王ナレースワンの統治時代の1603年、もしくは王ソンタムの時代、あるいはオランダ人の記述に基づくと1637年に現在の場所に移された。 ...
  • 次へ