ナベヤキ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 店がハネると、その女たちが私にナベヤキうどんをご馳走してくれたりした。 ...
  • 腹がすいているのに急に気がついて、ぼくは買ってあった鍋焼ウドンセットをガス台にのせた。 ...
  • フランス料理は駅の食堂の鍋焼ウドンの味をひきたててくれるもののように思われた。 ...
  • 此書は明治四十年の出版であるが、鍋焼温飩の図を出して、支那蕎麦屋を描いていない。 ...
  • 私は鍋焼を食べ終ると、金を払いながら、「この前を通っているバスはどこへ行ってますか」と尋ねた。 ...
  • 「来たな、鍋焼が来たぞ」 米友はどうやらその鍋焼うどんを待ち構えているらしくあります。
  • 寿の荷物のあったのは食堂の向いの板じき室、あの元の食堂、あの頃畳で、壁に深紅の唐草の紙が張ってあり、なべやき召上ったあの室。 ...
  • 鍋焼の熱いテンプラを舌の上で、あちこちやっていた河田が、眉毛を急にピクッと動かした。
  • 鍋焼ウドンは、アルミニュームの柄のついた鍋で出てくる。 ...
  • 二人はそこで鍋焼を食った。 ...
  • 「どうも」 ぼくは礼をいって、近所のコンビニで、鍋焼なべやきウドンセットやパンを買ってアパートに戻り、夕方まで、じっくりと地図をながめて方向感覚をつちかった。 ...
  • かつて山から出て来たししが、年の若さの向う不見みず、この女に恋をして、座敷で逢えぬ懐中ふところの寂しさに、夜更けて滝の家の前を可懐なつかしげに通る、とそこに、鍋焼が居た。 ...
  • そのころ、ゴルガリアの会議場には、アツアツに暖まった鍋焼ウドンが運び込まれていた。
  • 東京の鍋やきとは、全く趣きを異にしている。 ...
  • これは本当のところよ、おそばだって妙に重くて粉が変になっている、あなたに鍋やきを云いつけに行った藪重、あすこも。 ...
  • 鍋焼なべやきを一つ頼んだ。 ...
  • 須崎市周辺のスーパーマーケットでは、家庭用の袋入り鍋焼き用生ラーメンが販売されており、高知市内や高知龍馬空港などの土産物コーナーでは橋本食堂の生ラーメンなどを購入することができる。 ...