ナイフで切り裂い

23 の用例 (0.00 秒)
  • マフラーなしで風の中に立つと、耳がナイフで切り裂かれるように痛むのだ。 村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 2』より引用
  • ヴィオラの悪罵に耐えかねた彼は、母の喉を自らナイフで切り裂いて殺害した。
  • 闇をナイフで切り裂いたような青い三日月が出ていた。 秋元康『着信アリ』より引用
  • そのとき将校の合図があって、兵士が囚人のシャツとズボンをナイフで切り裂いた。 カフカ・フランツ『処刑の話』より引用
  • 「まるで体の中をナイフで切り裂かれているみたいだったよ」ダーニクの声は震えていた。 エディングス『ベルガリアード物語4 魔術師の城塞』より引用
  • いくら、仕事で怒鳴られたからといって、その相手をナイフで切り裂いたりするはずがないではないか。 赤川次郎『霧の夜にご用心』より引用
  • 暗い夜空を鋭いナイフで切り裂いた隙間から抜け出るように、月が顔をのぞかせ始めた。 南木佳士『ダイヤモンドダスト』より引用
  • 例えば母と僕の指紋で埋めつくされたこの本が、ナイフで切り裂かれるような、炎の中へ放り込まれるような恐怖だ。 小川洋子『沈黙博物館』より引用
  • コーチーズは非難されたことと拘束されたことに怒り、テントをナイフで切り裂いて逃亡した。
  • ナウがナイフで切り裂いている女を見た。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(上)』より引用
  • ワイシャツの左袖がナイフで切り裂かれ、血がにじんでいる。 西村京太郎『愛と憎しみの高山本線』より引用
  • 気を失ってぶら下がっているうちに、苦しくなって、無意識のうちに、着ていたものをナイフで切り裂いてしまったらしい。 夢枕獏『神々の山嶺 上』より引用
  • ひとりで住んでいる家をでるとき、裕一は、そのTシャツの喉もとからまっすぐ下へむけて、十センチほどナイフで切り裂いた。 片岡義男『夏と少年の短篇』より引用
  • ゴムボートは、ナイフで切り裂いて沈め、僕は、上陸して、身をかくしたんだ。 西村京太郎『原子力船むつ消失事件』より引用
  • そして、ナイフで切り裂いたそれらの四肢の膝下の隙間すきまにロープを通して縛った。 大藪春彦『黒豹の鎮魂歌 第三部』より引用
  • 要するにローリーのナイトガウンは夫のナイフで切り裂かれ、体からはぎとられたのだ。 パトリシア・コーンウェル『検屍官』より引用
  • ジャケットはナイフで切り裂かれ、異様な匂いを放つ残り物がしみついているけれど、この連中に負けたわけではないのだ。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『02 最終作戦』より引用
  • ナイフで切り裂かれた傷が、胸からのどもとへ、口をあいて、血潮が三神の男もののシャツを染めている。 赤川次郎『長い夜』より引用
  • 疑われないかと心配したが、オーデルとベルナールは血のしたたる肉をとり、ナイフで切り裂いてはがつがつと口に運んだ。 バークレー『愛のサマーヴィル1 夢見た騎士』より引用
  • ナイフで切り裂いてみた。 西村京太郎『座席急行「津軽」殺人事件』より引用
  • 次へ »