ドヴォジャーク

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 後に姓をチェコ固有の姓のドヴォジャークに変えた。 ...
  • ドヴォジャークはさらにイタリアに移り、イタリアを訪れるイギリス人やアメリカ人の肖像画を描いて収入を得た。 ...
  • しかし、作曲中の1905年、第4楽章の作曲を始めたころに今度はドヴォジャークの娘であるスクの妻オティリエが若くして世を去った。 ...
  • 当時、ドヴォジャークやヤナーチェクのように、音楽修業時代に満足にピアノに触れることもできなかった作曲家も居たが、フィビフはその点、幼少時代から非常に恵まれた環境で音楽を学び育った。 ...
  • 仮劇場は、チェコ・オペラの本拠地として活動を続けており、アントニーン・レオポルト・ドヴォジャークのいくつかの作品も同劇場で初演された。 ...
  • しかしながら、スラヴ音楽の特徴ともいえる哀愁感、チェコ民謡・チェコ舞曲のリズムなどを特徴としたチェコ音楽と、楽曲構成やその他の作曲技法の面で成熟していたドイツ・ロマン様式とを融合させたという点では、彼の先輩であるスメタナやドヴォジャークなどの及ぶところではなかった。 ...
  • 姓はドボルザーク、ドヴォルジャーク、ドヴォジャークなどとも表記される。。
  • フランツ・ドヴォジャーク、フランツ・ブルナーとも呼ばれた。 ...
  • 作曲家として順風満帆の歩みを見せていたスクは、若き日には師のドヴォジャークの影響の下、幸福感に溢れる作品を書いていたが、1904年にドヴォジャークが亡くなると強い衝撃を受け、亡き師に捧げる交響曲の作曲を決意した。 ...
  • チェコ民族独立の気運が胎動する時代にあって、スメタナやドヴォジャーク同様、チェコ民謡や民族舞曲のリズムを自作に取り入れた他、チェコ民族の伝説によるオペラを作曲するなど、その作品は民族的な素材によるものが少なくない。 ...
  • チェコ語の発音により近い「ドヴォルジャーク」「ドヴォジャーク」という表記も用いられている。 ...
  • 第23回アメロパ国際音楽祭2016にて、チェコオペラ代表作ドヴォジャークのルサルカを日本人指揮者として初めてチェコ国内にて指揮して成功を収める。 ...
  • 当時のチェコ楽壇は、同じ国民楽派とはいえ、スメタナの進歩派と、ドヴォジャークを擁するプヴォタの保守派に二分されていた。 ...
  • 一方で交響曲はメンデルスゾーン、シューマン、ラフなどにより発表され、またブラームスと同時代に活動するブルックナーやドレーゼケ、ブルッフ、ドヴォジャークもすでに交響曲を発表していたが、それらは「ベートーヴェンの交響曲を正統的に継ぐ作品」という聴衆の期待には必ずしも十分に応えるものではなかった。 ...
  • ゲオルク・ジンメル、エルンスト・トレルチ、マックス・ドヴォジャーク、ルカーチ・ジェルジ、マンハイム・カーロイらの影響を受けており、また、芸術史を、社会学・歴史学・思想史などの社会全体と総合させた。