ドロ田

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • が、泥田の道でわたくしの心を占領していたのはこの問題ではなかった。 ...
  • 秀吉軍が集まっている場所の前方は湖、後方は山、左右は泥田である。 ...
  • そして泥田の樣な道を辿つてゐるので、その動搖は想像のほかであつた。 ...
  • 泥田のような湿地帯をわたる三人を目標にして、銃砲弾が追ってきた。 ...
  • 揺りかご代わりにした馬の背で寝ていて泥田に落ちたこともあった。 ...
  • ホーフスだとおもうて泥田どろたなかへでもまれるやうなことはありますまいかな。
  • そうなったら、南部の田畑たはた水没すいぼつし、兵は泥田どろたに足をとられてしまうでしょう。 ...
  • あの草も生えない泥田を、いい田んぼにするのは、血のにじむような努力だぞ。 ...
  • 泥田になってしまっているところもありました。 ...
  • 幸い落ちた場所が泥田であったため怪我はなかったが、犯人は特定できず未解決事件となった。 ...
  • 彼等を警蹕けいひつすれば彼等は泥田どろたからいあがって土下座するであろう。 ...
  • そんな足まわりで、泥田のようになった道路を歩いてくるのは、並大抵のことではなかったのだ。 ...
  • 翌朝目がさめてから、泥田の中を堂々めぐりしていたことに気づくのである。 ...
  • 気がついた時、泥田どろたの中に敵と折り重なってたおれていた。 ...
  • 泥田の中に、長く渡してある板橋を、誰かが渡ってくるのだ。 ...
  • 泥田の中を長いこと歩いてから、若者は足をとめ、前方に並んで立っている木立を指さして言った。
  • この蛸足には、かんじきの輪のように、泥田に沈まぬような仕掛けがしてある。 ...