ドレック

2 の例文 (0.00 秒)
  • 後にスクラルの王座に就く姫は、故郷崩壊の予言を信じており、現在皇帝のドレックは宗教の過激派たちを刺激しないよう、流刑星に彼女を追放した。 ...
  • しかし、ウォーボットの乗った宇宙船はドレックの配下、ベクター・フォン・イオンによる追撃を受け惑星ベルディンに墜落してしまう。 ...