ドリトル先生

764 の用例 (0.00 秒)
  • これまでにわたしは、ドリトル先生が夢中むちゅうになったのを何度なんども見ていました。 ロフティング『ドリトル先生物語07巻 ドリトル先生と月からの使い』より引用
  • そんなドリトル先生のような世界超人ちょうじん伝説的芸当げいとうは彼には不可能だった。 阿智太郎『僕の血を吸わないで1』より引用
  • この風車小屋ふうしゃごやにきてから、はじめてドリトル先生の見つけた動物どうぶつでした。 ロフティング『ドリトル先生物語11巻 ドリトル先生と緑のカナリア』より引用
  • わたしはむろん、ジョン・ドリトル先生の名まえをよく知っておりました。 ロフティング『ドリトル先生物語12巻 ドリトル先生の楽しい家』より引用
  • こんなねがいをきいて、ドリトル先生が興味きょうみをおぼえないはずはありません。 ロフティング『ドリトル先生物語05巻 ドリトル先生の動物園』より引用
  • しまにきてから六カ月半たって、ドリトル先生の誕生日たんじょうびがめぐってきました。 ロフティング『ドリトル先生物語02巻 ドリトル先生 航海記』より引用
  • 天候てんこう変化へんかは、ドリトル先生にもおなじようなき目があったのでしょう。 ロフティング『ドリトル先生物語10巻 ドリトル先生と秘密の湖』より引用
  • ドリトル先生のげこまれた牢屋ろうやには、ひとつもまどがありませんでした。 ロフティング『ドリトル先生物語03巻 ドリトル先生の郵便局』より引用
  • それを知っている科学者かがくしゃは、たったひとりドリトル先生だけでした。 ロフティング『ドリトル先生物語03巻 ドリトル先生の郵便局』より引用
  • ドリトル先生とわたしは、つめたい水でかおあらいに、川岸かわぎしへおりて行きました。 ロフティング『ドリトル先生物語10巻 ドリトル先生と秘密の湖』より引用
  • ドリトル先生が月の世界せかいに行ってから、もうかれこれ一年以上いじょうたちました。 ロフティング『ドリトル先生物語09巻 ドリトル先生 月から帰る』より引用
  • しかしドリトル先生の性格は、僕たち東洋人にはついてゆきやすいですね。 河盛好蔵『井伏鱒二随聞』より引用
  • ドリトル先生は上を見あげて、わたし帆索ほづなの上にいるのを見つけました。 ロフティング『ドリトル先生物語10巻 ドリトル先生と秘密の湖』より引用
  • ドリトル先生は、しっぽのふくれたきずのところを診察しんさつしておられました。 ロフティング『ドリトル先生物語02巻 ドリトル先生 航海記』より引用
  • イギリスの詩人しじんは、その翌日よくじつ、小さいドリトル先生に紹介しょうかいされました。 ロフティング『ドリトル先生物語01巻 ドリトル先生 アフリカゆき』より引用
  • ドリトル先生の家庭かていは、長いあいだ平穏無事へいおんぶじだったことはないのです。 ロフティング『ドリトル先生物語10巻 ドリトル先生と秘密の湖』より引用
  • ドリトル先生とわたしは、いよいよ航海こうかいに出るしたくにとりかかりました。 ロフティング『ドリトル先生物語02巻 ドリトル先生 航海記』より引用
  • ドリトル先生は話にき入れられて、すっかり夢中むちゅうになっていました。 ロフティング『ドリトル先生物語11巻 ドリトル先生と緑のカナリア』より引用
  • ドリトル先生がどんなにおこまりになったか、容易よういにおわかりでしょう。 ロフティング『ドリトル先生物語09巻 ドリトル先生 月から帰る』より引用
  • そして冗談じょうだんでなく、本当ほんとう警察けいさつへ行ってドリトル先生をうったえました。 ロフティング『ドリトル先生物語12巻 ドリトル先生の楽しい家』より引用
  • 次へ »