ドクケ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • このけだものは庭の隅にでもかくれていて、毒気を避けられたんだろう。 ...
  • ミュッフリングの毒気にあてられて、少し人が悪くなったんじゃないか?
  • 人生においては苦痛の周囲にあるものは毒気ではなく、運命なのではないか。 ...
  • カルトの毒気に当てられたようだけど、当初の目的は忘れてないだろうね?
  • エピクテトスの計画では呼吸を止めているとき周囲にあるのは毒気であった。 ...
  • そして、わたしはその蛇の吐く毒気に全く当てられてしまったのです。 ...
  • とたんに、なにかの毒気にあたったかのように、胸がむかむかして来た。 ...
  • ただ唯一、その毒気のない笑顔えがおだけは彼を鬚繋ほうふつとさせるものがなくもない。 ...
  • そうやって彼の発散する毒気を中和させようとしたのだとも言える。 ...
  • 毒気が身体に残っているせいか、まだ血の気がなく身体もせていた。 ...
  • 何か一言いってやるべきところだが、毒気に当てられた形で、声が出ない。 ...
  • 毒気を抜かれたような顔で、浜野が少女の方を口を開けて見ていた。
  • これでからだのなかの気ちがいじみた毒気を吸いとろうというわけです。 ...
  • 以来、私は当分のうち毎晩草鞋の毒気に悩まされて困ったのであります。 ...
  • チーは自らの体を煙のように変えながら敵に飛びかかる最後の術毒気を放った。 ...
  • スキャンランも、すでに毒気にあてられ、床の上を、はいまわっている。 ...
  • これ以上この二人の毒気に当てられていると、自分の方がボロを出しそうだった。 ...