ドカ雪

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • この年の冬は寒さが厳しく、三月になっても各地でドカ雪がみられた。 ...
  • ドカ雪が降る頃になると、子供の頃、毎日のように家の前の道路の雪かきをさせられたことを思い出す。 ...
  • 民宿の管理人が開発した雪に強い新道だったが、やはりここ数日降りつづいたドカ雪を支えきれなかったらしい。 ...
  • 上杉謙信の昔から越後にとって最大の悩みはドカ雪と暴れん坊の信濃川だった。 ...
  • 私は意を決し、氷河のドカ雪の中を前進していった。 ...
  • 孝史の生まれ育った北関東は、冬の空っ風こそ凍るほどに冷たいけれど、ドカ雪が降るという地域ではない。 ...
  • 冬山の第一の危険は雪崩であるが、初冬の雪崩は殆んど一次のもので、真冬や春のようにどか雪の降ることが少ない。 ...
  • また、雪は上空の気温が低い所に南岸低気圧や気圧の谷が近づいた場合に限られ、粉雪かドカ雪のパターンが多い。 ...
  • この空も、次にこくりと頷けば、その時に降ってくるのは、優しさなどかけらもない、山全体を呑み込もうとするかのようなドカ雪になるはずだ。 ...
  • ドカ雪をかき分けるとき、あまりにも広くきれいな道をはじめから作ろうと思うと一向にはかどらないように。 ...
  • 冬、どか雪に閉じこめられるようになり、また室内で屁くらべが始まってしまうという情景を詠んだ句である。 ...
  • この全長六十キロにおよぶコースを二台の大型ローラー雪上車がフル運転して、コースを踏みならしているが、ドカ雪が降った後や、傾斜度四十度近くもある上級コースの地ならしは、当然パトロール員の仕事となった。 ...
  • 富治が小太郎のあとをつけてクマを撃った三日後、最初のドカ雪が大鳥の山々に襲いかかり、一晩で三尺も積もった。 ...
  • 降雪量や最深積雪の平年値は富山市より少ないものの、日本海寒帯気団収束帯の影響を受けると北陸3都で一番のドカ雪に見舞われることもある。 ...
  • 日本海寒帯気団収束帯の影響を受けると半日から数日の短時間で積雪が急増し、豊岡市街地や香住などの平野部でも50cmから1m前後のドカ雪となることもある。 ...
  • 降雪量の平年値は北海道内で倶知安町、岩見沢市に次ぐ数値を記録しているが、どか雪が比較的少ないため最深積雪は余り大きくならない。 ...
  • そもそも実乃梨とのいさかいの元凶げんきょうでもある小さな白い顔を見返し、不意に憎たらしさは都会にたまに降るドカ雪のごとく、ズンズン静かにもった。