ドイツ外務省

44 の用例 (0.00 秒)
  • 新しい政策はバルト海の軍政に対しドイツ外務省から電報で述べられた。
  • それでもボースはあきらめることなく、ドイツ外務省との交渉を行った。
  • これらの数字はドイツ外務省を通じて発表された。
  • またその翌日にはドイツ外務省もドイツの修正ブリュッセル条約からの脱退の意思を明らかにした。
  • また同年ドイツ外務省に復帰し、1930年代初めまで働いた。
  • 一方でドイツ外務省はドイツ軍人が国外で活動することを望んでおらず、また日本との関係を刺激することを怖れていた。
  • この新しい政策はドイツ外務省からバルト海軍政部に電報によって提示された。
  • ドイツ外務省は、ドイツ寄りのハンガリー国家社会主義党を擁護し、ドイツ系少数派を支援した。
  • 手紙に返事は無かったが、彼は休暇の許可を得ずにベルリンを訪れ、ドイツ外務省に電話を入れて英語話者を出してくれと要望した。
  • ドイツ外務省や陸軍上層部は伝統的に親中華民国政策をとっており、ノイラートも無論推進者であった。
  • しかし反英的でソ連と組むことも辞さないリッベントロップおよびドイツ外務省・海軍と、どちらかといえば親英的で、ソ連打倒を考えていたヒトラーという二つの外交路線が存在していた。
  • 突撃隊中将になったクリーベルは、突撃隊連絡官としてドイツ外務省で働くことになった。
  • 現在のドイツ外務省は、1870年設立の北ドイツ連邦外務省及びドイツ統一後の翌1871年にそれを引き継いで設立されたドイツ帝国外務省に起源を持つ。
  • さらにドイツ外務省の反対を押し切って広島を訪問して原爆犠牲者の慰霊碑に献花し、人類は広島・長崎で起きたような破滅を避ける責任があると訴えた。
  • 彼の死の一年後に、ヴァンゼー会議のルターのコピーは、アメリカの調査によりドイツ外務省の書庫で発見された。
  • たとえば、六月十五日に、ブルガリア公使はドイツ外務省を訪問しこんな情報をもたらしている。 半藤一利『ノモンハンの夏』より引用
  • そのリ外相との会談は、この日正午からドイツ外務省の外務大臣執務室で行われた。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(下)』より引用
  • 一方でドイツ外務省は、日本が建国した満州国承認も行わず対日接近には消極的で、極東情勢に不干渉の立場をとっていた。
  • ドイツ外務省も日本側の示した条件は交渉開始の基礎として妥当なものと判断し、同日トラウトマン大使宛てにこれを中国側に伝えるよう訓令した。
  • オットや当時のディルクセン大使にも協力を求めて情報収集に努め、事件を分析した報告書をドイツ外務省や所属先である赤軍第四本部、ドイツの雑誌に送っている。
  • 次へ »