ドアの開く気配

8 の用例 (0.00 秒)
  • ドアの開く気配に振り向くと、翼が紅茶を運んできたところだった。 内田康夫『怪談の道』より引用
  • かぎはかかっていなかったらしく、ドアの開く気配がした。 森村誠一『殺人の組曲』より引用
  • それから約三十分後、隣のドアの開く気配がした。 東野圭吾『白夜行』より引用
  • ドアの開く気配があった。 勝目梓『女教師に捧げる鉄拳』より引用
  • ドアの開く気配がした。 勝目梓『私設断頭台』より引用
  • 赤い天鵞絨ビロードのカバーを下ろした途端、ドアの開く気配がした。 菊地秀行『トレジャー・ハンター15 エイリアン魔神国 完結篇3』より引用
  • ドアの開く気配がして、正彦が出て来た。 森村誠一『ホーム アウェイ』より引用
  • サンドイッチを食べる浩之の隣りに美保子がすわり、話をしていると、玄関のドアの開く気配があった。 片岡義男『私はいつも私 片岡義男 恋愛短篇セレクション 別れ』より引用