ドアの開く

175 の用例 (0.01 秒)
  • なお、この事故に関してはドアの開いた直接の原因は不明とされている。
  • 鍵を開けたかどうかが判然としないが、ドアの開く音は確かに聞こえた。 海原育人『ドラゴンキラーあります』より引用
  • と、どこかでドアの開く音がして、砂のうえをくつでふむ足音が聞こえた。 ドイル/延原謙訳『バスカヴィル家の犬』より引用
  • ちょうどその瞬間、いま出た部屋の反対側のドアの開く音が耳にはいった。 バローズ『火星シリーズ08 火星の透明人間』より引用
  • 騒動に気づいたのか、すぐ前のほうの部屋からもドアの開く音がする。 松本清張『球形の荒野 新装版(下)』より引用
  • ではこれでと彼女が腰を上げた時、玄関のドアの開く音がした。 東野圭吾『秘密』より引用
  • ドアの開く音がして、背中を押されて数歩進めば、ほおにかすかな風を感じた。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第15巻 運命の赤い糸を信じますか?』より引用
  • いくら全力で走ってきても、ドアの開く速度が速くなるわけじゃない。 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • アンが答えたとき、玄関の方で勢いよくドアの開く音がした。 菊地秀行『吸血鬼ハンター11b D-ダーク・ロード2』より引用
  • ドアの開いている部屋があれば、さりげなく入口の奥に横目を流して通った。 松本清張『高台の家』より引用
  • その音をきいたのか、奥のほうでドアの開く音がして、足音がこちらへ近づいてくる。 横溝正史『金田一耕助ファイル10 幽霊男』より引用
  • そのとき、食堂のドアの開く音が聞こえ、男のかたが出てきた。 シャーロット・ブロンテ/大井浩二訳『ジェイン・エア(上)』より引用
  • ふと遠くでかすかにドアの開く音がしたが、そのまま家のなかが急に静まり返った。 深田祐介『暗闇商人(下)』より引用
  • 人形の前を通り過ぎようとした時、背後でドアの開く音がした。 綾辻行人『人形館の殺人』より引用
  • そのとき、もうひとつの部屋でドアの開く音がして、床を踏む足音が聞こえた。 アレクサンドル・デュマ/鹿島茂『編訳 王妃マルゴ(上)』より引用
  • ジョンの母親と江上さんの談笑する声がとぎれ、ドアの開く音がした。 桐生祐狩『夏の滴』より引用
  • ドアの開く気配に振り向くと、翼が紅茶を運んできたところだった。 内田康夫『怪談の道』より引用
  • そしてあま一心いつしんになつてゐたので、ドアのいてあるのにがつかなかつた。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 51 20080623』より引用
  • ドアの開くたびごとに、ジュリヤンはやりきれないほど胸騒ぎを覚えた。 スタンダール『赤と黒』より引用
  • かぎはかかっていなかったらしく、ドアの開く気配がした。 森村誠一『殺人の組曲』より引用
  • 次へ »