ドアが開く

764 の用例 (0.00 秒)
  • 俺たちの目の前で、どこかけた音とともに店の自動ドアが開いた。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第02巻』より引用
  • ドイツは再統一を果たし、旧東側諸国への共同体拡大のドアが開かれた。
  • 足が床に着く前に、部屋のドアが開き、車に乗っていた人と顔が合った。 カヴァン『氷』より引用
  • 赤いドアが開きはじめることを告げる自動ドアの低い音が響きはじめた。 ハーバート『デューン・砂の惑星3』より引用
  • やがてドアが開いたが、中に入ってきたのは門番ではなく僕の影だった。 村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 1』より引用
  • 運転席のドアが開き、紺色の制服を着た四十歳くらいの男が降りて来た。 小池真理子『墓地を見おろす家』より引用
  • 受話器を置いたのと、玄関のドアが開く音がしたのとはほぼ同時だった。 林真理子『不機嫌な果実』より引用
  • 音を立ててドアが開くと、その向こうには体操服姿の女子の姿があった。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 02』より引用
  • 返事をする前にドアが開いて、むっつりとした様子の母親が顔を出した。 三雲岳斗『レベリオン 第04巻』より引用
  • ドアが開き、さきほど案内をしてくれた男が一歩だけ部屋の中に入った。 森博嗣『X 03 タカイ×タカイ』より引用
  • そこへドアが開き、ガンビーノが一人の男を連れて操縦室へ入ってきた。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ01 連帯惑星ピザンの危機』より引用
  • エレベーターを待っていると、ドアが開いて、一組の男女が降りて来た。 森村誠一『夢の原色』より引用
  • ドアが開きっぱなしだったので、鍵を持って出たわけではないようです。 川上稔『『SATIE日誌』 [小説] [都市シリーズ] web作品』より引用
  • ドアを閉めるとき、反対側にある北棟のドアが開くのがはっきり見えた。 小野不由美『悪霊シリーズ 4 悪霊はひとりぼっち』より引用
  • ドアが開くと、鉄のベッドと箪笥と化粧台のある女中部屋があらわれた。 シムノン/長島良三訳『メグレ夫人の恋人』より引用
  • 七時十分に、入口のドアが開いて、体の大きな中年男が店に入ってきた。 勝目梓『女教師に捧げる鉄拳』より引用
  • 彼には最初のドアが開くのが聞え、続いて二番目のドアが開く音が聞えた。 アレクサンドル・デュマ/鈴木豊訳『赤い館の騎士(上)』より引用
  • 彼女の心の中でひとつのドアが閉じ、別のドアが開いたような感覚がある。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 一分としないうちに、浴室のドアが開く音がして、女の子が入ってきた。 菊地秀行『トレジャー・ハンター09 エイリアン京洛異妖篇』より引用
  • ドアが開いたことには充分気づいているはずだが、すぐには目をあげない。 阿刀田高『時のカフェテラス』より引用
  • 次へ »