トレッドル

全て 名詞
28 の用例 (0.00 秒)
  • 列車が通過中の分岐器を転換させないために、鎖錠にトレッドルを用いる。
  • 信号機を停止現示に変えるために機械的なトレッドルが用いられることがある。
  • 電気的トレッドルは車軸カウンタを実現するために利用されている。
  • 鉄道では、トレッドルとは列車の通過を検出する装置のこと。
  • トレッドルは、使用目的、配線上のどこに用いるかに応じて、様々な形態がある。
  • トレッドルは、列車の車輪を機械的に、あるいは電気的に検知する装置である。
  • 電磁気的トレッドルでは、小さなアームがフランジウェイに設置される。
  • トレッドルを列車が通過してから列車が踏切を通過するまで30秒程度しかないため、これはとても重要である。
  • トレッドルから手で操作するレバーに変更するなどいくつかの設計上・製造上の改良がなされつつ、1877年までに4千台が販売されている。
  • 列車が進行してトレッドルを踏むまでは解除されないなどの機構が備えられており、イギリス国内はもとよりその後アメリカやロシアでも急速に普及した。
  • トレッドルは軌道回路を単独で用いる場合に比べてより信頼性が高く正確な検知ができるために、自動踏切の制御に用いられる。
  • トレッドルを架線側に取り付けたものと見ることができる。
  • トレッドルは、鉄道の信号保安装置の一種で、列車の車軸がある地点を通過したことを検知する機械的・電気的な装置である。
  • しかし、列車が通過するとトレッドルの働きにより「自動的に」停止現示になるようになっていた。
  • トレッドルはある一点での列車の存在を検知するものであり、軌道回路のようにある区間で検知するためには後述する車軸カウンタのように組み合わせて用いる必要がある。
  • 軌道回路がある一定の区間に列車がいるかどうかを検知するのに対して、トレッドルはピンポイントで列車位置検出を行う。
  • 電気的トレッドルを使った車軸カウンタは、軌道回路と同等の働きを実現できる。
  • 車止めや安全側線の付近など、錆び付いたレールのために軌道回路の動作が信頼できない場合に、長い棒を使ったトレッドルが設置される。
  • 一方で、トレッドルがなければ信号扱手は毎回信号機を停止現示にしなければならず、却って操作を誤ったり忘れたりする可能性もある。
  • 注油器は小さなトレッドルを利用して、レールの内側に少量のグリースを塗布する。
  • 次へ »

トレッドル の使われ方