トライアルレース

全て 名詞
54 の例文 (0.00 秒)
  • 秋はトライアルレースを使わずに秋華賞に直行することとなった。 ...
  • 次走はトライアルレースを経ずに皐月賞へと直行、2番人気の支持を得た。 ...
  • 男女それぞれトライアルレースが行われた後にFJ級のソロ・デュエットに分かれて競技を行う。
  • 皐月賞のトライアルレースである弥生賞ではふたたび1番人気に支持される。 ...
  • この後皐月賞トライアルレースを予定していたが熱発で回避し皐月賞に直行となった。 ...
  • 創業時がトライアルレース向け車両の制作に始まったこともあり、サーキット・ラリー両方でのレース活動で歴史にその名を残している。 ...
  • 第29回からは、原則として選考委員会より選定された選手によりトライアルレースを実施して全出場選手を決定する方式となった。 ...
  • 規定された本賞金額が出走条件になっているレースもあり、レースの開催前に行われるオープン特別及びG3、G2によるトライアルレースの上位羽が優先出走権を得られる場合もある。 ...
  • 続いて東京優駿のトライアルレースである青葉賞に出走したがここでも4着に敗れ東京優駿出走はならなかった。 ...
  • トライアルレースは春の実績馬が上位を占め、目立った上がり馬は見当たらなかった。 ...
  • また、翌年のJRAの春のトライアルレースのCMでは本木雅弘がこのマッチレースを語るシーンが使われている。
  • この時点でオープン特別を2勝とし、「気持ちが少し入りやすい」ことを考慮してトライアルレースを使わず、本番の桜花賞へと直行することとなった。 ...
  • もっとも、特に古馬の場合は優先出走権を得られなかったとしても収得賞金順で除外さえされなければ確実にGI競走に出走可能であるため、一流馬にとっては何としても上位入線を目指すトライアルレースというより本番のレースに向けた調整を目的としたステップや叩き台とみなされる事が多い。 ...
  • なお梅見月杯は名古屋大賞典のトライアルレースでもあったが、1着馬に系種関係なく交流重賞への優先出走権が与えられるようになったのは、年度が変わってからの4月以降のことであった。 ...
  • クラシック競走である皐月賞の関西圏で唯一のトライアルレースで、クラシック戦線を標準に調整されてきた主に栗東所属の有力馬が出走する。 ...
  • 創設時は芝1800mで行われていたが、トライアルレースとしての位置付けをより明確にするため、1987年から2000mに延長。 ...
  • ただこの辺りは参加者の間の取り決めによって流動的であり、菊花賞・秋華賞およびそのトライアルレースを対象に含めるとするものや、3歳の年末までのすべてのレースを対象とするものも少なくないが、古馬は対象に含めないことがほとんどである。 ...
  • 次へ