データを扱う場合

12 の用例 (0.00 秒)
  • 位相や角度などの周期的データを扱う場合は、特別な配慮が必要である。
  • そのため、例えば謎解きの答えが数字である場合や、任意の二進データを扱う場合には不適当である。
  • 単精度は高速だが、巨大なデータを扱う場合に問題が起きる。
  • 設計も操作も簡単で、動作も軽量だが、複雑・大量のデータを扱う場合は、重複したデータが多く発生し、記録に必要な容量や検索性などの面で効率はよくない。
  • 上で述べた歳差と章動があるため、長い期間を隔てた観測データを扱う場合には、惑星や恒星、銀河などの天体の座標位置を指定する際に元期を指定する必要がある。
  • かくして実際には、一般的な N 長のデータを扱う場合、FFTを元にしたアルゴリズムの方が容易に性能を出せることが多い。
  • スプレッドシート統制とは、金融商品取引法で企業に要求される内部統制のうち、財務データを扱う場合にスプレッドシートを使用する場合に必要とされる内部統制のことである。
  • これは、IMS のユーザーが、大量のデータを扱う場合はマルチ・データセットを使うことによる。
  • 定額ではないものの、日本国内の携帯電話網による従量制のデータ通信プランとしては、多量のデータを扱う場合においては コストパフォーマンスが高いとする評価がある。
  • 国勢統計区による集計は、都市部において「地域社会の特徴と密接な関係をもっている」データを扱う場合にはメッシュ地図より適切であると評価する研究者もおり、都市構造分析を国勢統計区による集計を用いて行うこともある。
  • また、ストリーム再生アプリケーションなどシーケンシャルなデータを扱う場合にもプリフェッチは有効である。
  • 五十音順を実現するには、漢字等を仮名文字へ変換する必要があるため、辞書式順序とはならず、コンピュータでデータを扱う場合の五十音順の実装には大きな手間がかかる。