デヴォンシャー公爵

49 の用例 (0.00 秒)
  • デヴォンシャー公爵家は王国でも二位か三位の座にある大富豪だった。
  • 翌年公開の『ある公爵夫人の生涯』ではデヴォンシャー公爵夫人を演じた。
  • この関係から後にデヴォンシャー公爵位を継ぐことになる。
  • この内閣はデヴォンシャー公爵が名目上の首相、ピットが実質的な首相であったと評価されている。
  • それがきっかけか他の理由からか定かではないが、デヴォンシャー公爵は常に拳銃を持ち歩いていた。
  • 当時の後援者は第6代デヴォンシャー公爵の、会長は熱心な博物学者であった卿が務めた。
  • かつてはデヴォンシャーと呼ばれていたが、現在ではいくつかの名称とデヴォンシャー公爵の称号に残っているのみである。
  • デヴォンシャー公爵やチェンバレンら自由統一党幹部も引き続き連立を維持していくことを表明した。
  • 彼女は建築・美術収集家として知られた第3代の一人娘で、この結婚によりを初めとする財産がデヴォンシャー公爵家へ渡った。
  • 引退後は馬主のデヴォンシャー公爵のもとで供用された。
  • 兄に第8代デヴォンシャー公爵となったスペンサーがいる。
  • デヴォンシャー公爵については閣内にとどめようとしたが、結局公爵も自由貿易主義者の圧力を受けて辞職することになった。
  • 結婚後、社交界の華として注目を集めるが、デヴォンシャー公爵とは愛のない生活を送っていた。
  • デヴォンシャー公爵は綿工業資本を背景とする人物であるため、清国市場に強い興味を持っており、中国分割において満洲や北中国を勢力圏としていくロシア帝国を危惧していた。
  • ルイーザは夫デヴォンシャー公爵を首相にしようという野望に燃えていたが、デヴォンシャー公爵にはその意思はなかった。
  • 実子がないため、デヴォンシャー公爵位は甥のが継承した。
  • 第7代デヴォンシャー公爵の息子として生まれた。
  • しかもよく無くしたのでその度に拳銃を購入し、デヴォンシャー公爵が死去した時、彼の邸宅からは拳銃が20丁以上も発見されたという。
  • これに対抗すべくバルフォアは植民地大臣ジョゼフ・チェンバレンやデヴォンシャー公爵ら自由統一党の面々とともにドイツ帝国や日本との連携を強化してロシアを抑え込むべきことを主張した。
  • 貴族出身のジョージアナ・スペンサーは17歳という若さで名門貴族のデヴォンシャー公爵のもとに嫁いだ。
  • 次へ »

デヴォンシャー公爵 の使われ方