デルモッド

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • デルモッドは、いつものとおり臆することなく、彼らに大声で話をした。 ...
  • デルモッドは神父に見つめられていることにまったく耐えがたかった。
  • デルモッドは川に仕掛けておいた魚の網のことを思い浮かべたが、仕掛けてからわずかしか経っていないから、一匹もかかっていない可能性が強かった。 ...
  • デルモッドは怒りに右手を震わせ、地団太を踏みながら、思っていることを口にした。 ...
  • 妖精たちの数の多さと、その逃げ足の速さは大変なものだったので、デルモッドはまったく気が転倒してしまった。 ...
  • デルモッドは、鮭が川面に残した水跡を悲しげに眺めた。 ...
  • 彼らは自分で神父のところへ行かねばならないと聞くと、哀れなデルモッドの脇をさっとかすめて、四方八方に逃げ去った。 ...
  • デルモッドが小屋に戻ってみると、例の馬鈴薯がテーブルの上に無造作に出されてあり、人の好い女房が、中でも一番大きいやつをホリガン神父に手渡していた。 ...
  • 神父は妖精のことなど何とも思っていなかったのだが、デルモッドのほうは、あんなに簡単にことばで妖精を追い払う力を持ったお方に、夕食のおかずも出せなかったことや、網の中の素敵な鮭に、あんなふうに逃げられてしまったことは残念だった、と思わずにはいられなかった。 ...
  • さて、デルモッドは馬鈴薯に何かを付け合わせて、心のこもった夕食を出したかったのだが、二十歳を出たばかりの女房、彼の呼び方でいえば「婆さん」が、鍋の中に煮込んであった馬鈴薯のほかには何もなかったので、大いに弱った。 ...
  • ほどなくわれにかえって小屋に戻り、デルモッドはホリガン神父といっしょにポサポサした馬鈴薯だけを食べた。 ...
  • 「おれたちほんの二十人足らずで引っぱったのさ」 デルモッドは驚いて、自分に話しかけてきたこのちびの妖精をまじまじと見つめた。
  • 「まあ好いだろう」とデルモッドは思った。 ...
  • デルモッドはきっぱりと答えた。
  • 「そうすることにゃ異存はねえよ、皆さん」とデルモッド。 ...