デスマッチファイター

9 の例文 (0.00 秒)
  • その中でデスマッチファイターを志望する様になる。 ...
  • デビュー戦後のバックステージでは「デスマッチをしたくて、大日本プロレスに入った」とデスマッチファイターを希望している。 ...
  • またアパッチプロレス軍のリングでも葛西とカミソリデスマッチでの対戦をアピールするなど、デスマッチファイターとしての自分を前面に押し出すようになる。 ...
  • しかし、大日本にかつて存在したBJW認定ヘビー級王座はBJW認定デスマッチヘビー級王座に統合されて廃止された為、ストロングBJの活躍に見合うベルトが大日本に存在せず、デスマッチファイターに転向するか他団体のシングル王座を狙うかという状態が続いていた。 ...
  • ポーゴ離脱後はデスマッチで徐々に独自の存在感を露にし、本間朋晃、山川竜司と共に「デスマッチ新世代」を形成するなど、大日本プロレスのデスマッチの歴史において彼を外す事は出来ないと言われる程の実力派デスマッチファイターとまで評されるようになる。 ...
  • 大日本では、シャドウWX・本間朋晃と共に、「新世代デスマッチファイター」として活躍。 ...
  • 沼澤を教頭に、MEN'Sテイオーを理事長に指名し、第4世代デスマッチファイターの育成にも力を注ぐ。 ...
  • やがて相棒の葛西とMEN'Sテイオーとともにデスマッチスクール「スクール・オブ・デス」を開校し、沼澤は「教頭」として、宮本裕向・isamiなどを一人前のデスマッチファイターにするべく育成を任された。 ...