デグレダード

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • ブラジルの初期の植民地の多くもまた、デグレダードの植民者とともに設立された。 ...
  • もし関係が敵対的なものになった場合、船と地元の統治者の間を往復して交渉条件を運ぶのもデグレダードの仕事だった。 ...
  • 多数のデグレダードが減刑や恩赦を得られるほどの働きを見せた一方で、相当な人数は単に刑を無視しただけだった。 ...
  • 最初の接触がなされた後、デグレダードは信頼を関係を築いて情報を収集するために、しばしば現地の村や町に泊まらされた。 ...
  • たとえばなじみのない海岸に到着した場合、普通は1ないし2人のデグレダードが最初に上陸して、現地の住民が敵対的なのかを確認した。 ...
  • またいくらかは、王の役人の監督の目から離れて、「アウトロー」のデグレダード植民地を形成した。 ...
  • ほとんどのデグレダードは一般犯罪者だったが、多数の政治的または宗教的な囚人も含まれており、ポルトガル王国からの追放を宣告された。 ...
  • しかし、ポルトガルの流刑制度の発達によって、デグレダードという言葉は追放刑の同義語となった。 ...
  • デグレダードは、ポルトガルの伝統的な法律用語で、移動や言論や職業に法的制限が課された人を指す。 ...
  • 一部のデグレダードは内陸部の探検家として名声を博し、その名が偉大な航海者たちと同じくらい後世に知られた。 ...
  • バスコ・フェルナンド・コーチーニョは1536年にエスピリトサントを建設する際に約70人のデグレダードを連れていった。 ...
  • 最終的に、ほとんどのデグレダードは植民地に送り込まれるか、未知の海岸に置き去りにされて、そこに刑期中留まった。 ...
  • なじみのない岸辺に置き去りにされたデグレダードは、多くの場合、未知の人々と接触し、曖昧な情報しかない都市を探し出し、内陸を探索するように指示された。 ...
  • 王室の任命したブラジル総督トメ・デ・スーザも推定で400〜600人のデグレダードをポルトガル領ブラジルの当時の首都サルヴァドールに1549年に連れてきた。 ...
  • モロッコの飛び地、大西洋の島々、ポルトガル領サントメ・プリンシペ、ポルトガル領アンゴラ、ベンゲラ、ポルトガル領モザンビークなどの遠く離れたアフリカの植民地が建設され、デグレダードがかなりの数が住んでいた。 ...