デガナウィダ

全て 名詞
34 の例文 (0.00 秒)
  • 三日に渡るこの試みでもデガナウィダは死ななかったため、母親は彼を育てることにした。 ...
  • デガナウィダは和平のために湖の南へと旅をした。 ...
  • ハイアワサは家族を集め、デガナウィダの話を聞くことにした。 ...
  • 会議が終わると、彼らはすべての武器を土に埋め、デガナウィダは松の木を植えた。 ...
  • 伝説によれば、母親はデガナウィダが生まれる前に「生まれたばかりの息子が部族を崩壊させる」というビジョンを受けたため、祖母と二人で生まれてきたこの赤ん坊を毎朝、川で溺死させようとした。 ...
  • 成長したデガナウィダは、インディアン部族間の和平調停の望みを母と祖母に語り、その賛同を得て白い石舟に乗って湖にこぎ出したと言われ、石の舟に乗る彼を見て人々は驚き、その和平の力を確信したという。 ...
  • デガナウィダはあちこちで和平の呼びかけを行うなか、五大湖の東にあるモホーク族の村を訪れ、大戦士ハイアワサと会った。 ...
  • デガナウィダはこう話し始めた。 ...
  • デガナウィダによって設計されたこの部族連合は、18世紀前半にが加わって6部族連合となったのち、現在もなお強固な結束を保っている。 ...
  • イロコイ連邦の原則的な規則の多くは、デガナウィダの構想に立脚していて、その功績から彼は「グレート・ピースメーカー」とも呼ばれている。 ...
  • 悲しみにくれたハイアワサはひとりデガナウィダの後を追い、長い苦難の旅ののちに彼に会い、その悲しみを癒してもらううちに、和平の呼びかけに力を貸すと誓った。 ...
  • デガナウィダによって設計されたこの部族連合は、18世紀前半にタスカローラ族が加わって6部族連合となったのち、現在まで強固な結束を保っている。 ...
  • デガナウィダはエリー族、ニュートラル族にも和解を呼びかけたが、不首尾に終わった。 ...
  • またある伝説では、「偉大な空の精霊の酋長が、平和と力のメッセージを五大湖南側の5つの部族にもたらすデガナウィダという息子を地上に送ってくれる」という夢を見た母親が、彼を生んだ後デガナウィダと名付けたという。 ...
  • デガナウィダはこの和平調停で構想役を務めたが、彼は言語障害があったため、ハイアワサが代理演説を行った。 ...
  • デガナウィダの調停による和平は19世紀に全盛を迎えた。 ...
  • この木は「平和の木」として知られるようになり、この一大和平を築くための酋長は「松の木の酋長たち」と名付けられ、デガナウィダはその一人となった。 ...
  • 次へ