テレビ囲碁

21 の用例 (0.00 秒)
  • 国際棋戦では、1987年に日中テレビ囲碁選手権戦で聶衛平を下した。
  • テレビ囲碁アジア選手権戦優勝、三星火災杯世界オープン戦準優勝など。
  • また同年には日中テレビ囲碁選手権戦も始まり、後にテレビ囲碁アジア選手権戦に発展する。
  • 同年テレビ囲碁アジア選手権戦に出場し、1回戦で武宮正樹に敗れる。
  • NHK杯テレビ囲碁トーナメントとは日本放送協会が主催する囲碁の棋戦である。
  • 十段戦挑戦者、NHK杯テレビ囲碁トーナメント準優勝2回など。
  • 翌年のテレビ囲碁アジア選手権戦では1回戦で馬暁春に敗れる。
  • 世界アマチュア囲碁選手権戦の他、全国囲棋個人戦など中国国内棋戦優勝多数の他、テレビ囲碁アジア選手権戦 準優勝など。
  • 主要な良績に NHK杯テレビ囲碁トーナメント準優勝、関西棋院第一位決定戦優勝2回など。
  • テレビ囲碁アジア選手権の前身として、日本と中国の代表1名ずつによる「日中テレビ囲碁選手権戦」が、1985年から88年まで行われた。
  • 他、2002年から2005年頃までNHK杯テレビ囲碁トーナメントの記録係を務める。
  • 棋聖戦、テレビ囲碁アジア選手権戦優勝など。
  • KBS杯戦準優勝により、1989、91、92年のテレビ囲碁アジア選手権戦に韓国代表として出場、91年には馬暁春を破る。
  • NHK杯テレビ囲碁トーナメントの記録係も務める。
  • 第57回NHK杯テレビ囲碁トーナメントでは、山田規喜・溝上知親に勝ち、優勝する結城聡に敗れるも自身最高の、3回戦に進出した。
  • 第59回NHK杯テレビ囲碁トーナメントでは、3回戦で山田規三生NHK杯に中押し勝ちし、女流初のNHK杯8強入り。
  • 同年のKBS杯バドゥク王戦決勝で李昌鎬を2-1で破って優勝し、2001年のテレビ囲碁アジア選手権に出場、準決勝で趙治勲に勝って決勝に進むが、曺薫絃に敗れる。
  • 同4月8日からは毎週日曜に、囲碁講座と囲碁・将棋フォーカスの囲碁情報を統合した「囲碁フォーカス」と「NHKテレビ囲碁トーナメント」に分離することになった。
  • 一方では2006年4月~2009年3月まで、NHK杯テレビ囲碁トーナメントの棋譜読み上げや、囲碁・将棋チャンネルなど、テレビへの出演も多く、2010年4月より、『囲碁将棋ジャーナル』の囲碁側聞き手を担当している。
  • テレビ東京の将棋棋戦「テレビ将棋対局・早指し将棋選手権」やNHK教育テレビジョンの「NHK杯テレビ囲碁トーナメント」・「NHK杯テレビ将棋トーナメント」と並ぶテレビ棋戦として視聴者に親しまれた。