ツッパり

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • どこの公立もそうだが、真面目なやつもいれば、ツッパったやつもいた。 ...
  • 子ども自身としてそれを免れるためには、ツッパるしかないとも言えるのである。 ...
  • 本当にツッパることがどんなもんか知りもしねえくせに。 ...
  • ツッパってた明子が警察に脅されてウソまでついたら笑われるやろうな。 ...
  • 二人は手早くツッパをぐと、それを従者にわたして、闘蛇舎の外に出た。 ...
  • 男知ったのもそのころ、まだ知らないのかなんて言われちゃカッコつかないから、ツッパっただけ。 ...
  • だから、そういう汚ないことに対しては、自分をぶつけてツッパることになる。 ...
  • 黒所高のツッパった連中が呼び出されてしめられたというウワサを賢三も聞いたことがある。 ...
  • 野心というほどせちがらいものではないが、あの頃の私はツッパっていたなあとしみじみ思う。 ...
  • 矢沢のことを聞かれると「意識してないから」とツッパって来たが、実はズッと強く意識してきたとインタビューで述べている。 ...
  • 学校じゃ真面目まじめにしてはいるが、本当はツッパりたくてウズウズしているように見えたらしい。 ...
  • 最初はツッパってやってきたんです。
  • 広岡智子は、彼女がワルとしてツッパってきたしたたかな姿を、改めて見たように思ったという。 ...
  • その大原則を忘れて、ツッパってきた。 ...
  • 昔みたいにツッパったりワルやったりはしなかったけど、それでも先生の中には特別な目で見てゴチャゴチャ言うのがいて、小突かれた時、胸ぐら取ってやったこともあった。 ...
  • 同居関係からずるずると恋人関係に移行したくないなどとツッパっていたが、三カ月も若い男と女が同居しながら、恋人にならない方がよほど中途半端であった。 ...
  • 仲間からいじめられたり排斥はいせきされたり、学校から白い目で見られたりする情況があるから、そうなるまいと自己防衛的にツッパったり破壊行為をやるわけで、中には刺青いれずみを入れたなんていう子もいました。 ...