チーム創設

87 の用例 (0.01 秒)
  • アトランタ・ファルコンズとはチーム創設以来の同地区ライバルである。
  • チーム創設以来、日本リーグ、アジアリーグとトップリーグに参戦している。
  • チーム創設後13年目の1973年に初めて勝ち越しでシーズンを終えた。
  • ニューオーリンズ・セインツとはチーム創設以来の同地区ライバルである。
  • コンストラクターズポイントも23点とチーム創設以来の最高成績を収めた。
  • チーム創設時から現在までのキャンプ地の変遷は以下のとおり。
  • 日本で最初の野球チーム創設者と言われているほか、日本初の民間鉄道車両メーカーである平岡工場の設立と経営に携わった。
  • チーム創設の初年度からアイリッシュリーグに参加しているが。
  • スペインサッカー連盟は1909年に創設されたものであり、同チーム創設当初のスペインにはサッカーを統括する団体が存在しなかった。
  • デンバーには将来の新球団設立が確約されたとはいえ、結局そのときはチーム創設はならなかった。
  • これはチーム創設以来の快挙であった。
  • ボルチモア・レイブンズはチーム創設時に出場しなかったがこれはクリーブランド・ブラウンズが移転しロースターにも大部分の選手が残ったと判断されたためである。
  • ただし、当時マリナーズはチーム創設以来低迷を続けていた。
  • チーム創設当時のメンバーはみなサウス・サイドの出身で、全員かその多くがウェンデル・フィリップス高校に通っていた。
  • これはチーム創設者のウォルター・ブラウンのために背番号1が欠番にされていることに倣ったものである。
  • アジアリーグ2011-2012シーズンには、チーム創設以来、最高の準優勝を果たした。
  • また、九州で唯一佐賀県だけは硬式野球チームがない事を知り、全国的に社会人野球チームの減少が続ていた事もあってチーム創設の取り組みを始めた。
  • だがチーム創設期に基盤を作りあげた名将として未だにサポーターからの評価は高い。
  • 新潟の立ち上げに尽力し、99年のチーム創設から専務取締役として経営に携わる。
  • 元々のチーム創設は1914年であるが、前出ように1998年に実質的にプロ化したチームであり、それ以前とは全くと言っていい程に違うクラブ組織になった為、1998年5月21日を公式な創設年月日としている。
  • 次へ »