チリワイン

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • このことは日本がチリワインの輸入量を大きく増加させるきっかけとなった。
  • チリはワインの大生産国として知られ、チリワインは高い品質で知られる。 ...
  • チリワインとは、南アメリカに位置するチリの国内で製造されるワインを指す。 ...
  • 経済的には日本との貿易関係が拡大し、低く抑えられた賃金による農業セクターの拡大もあり、特にブドウ産業が成長したことで、チリワインの生産も拡大し本格的な輸出品となった。 ...
  • ビーニャ・オチャガビアは1851年に設立され、チリワインの伝統的生産者としての位置にある。 ...
  • 日本でチリワインを輸入販売するキリンややまやの関連会社は「現時点で大きな影響はない」としている。 ...
  • それ以前のチリワインは、16世紀以降のスペイン人宣教師らが、持ち込んだ黒ブドウパイス等でワインを生産していた。 ...
  • 一般的にはオーストラリアワインやチリワインなどとともにに分類されるが、スペイン人宣教師がワイン造りを広めてから長い歴史を持つため、「もっとも新しい産地」と呼ばれることもある。 ...
  • 後者によりビーニャ・オチャガビアの創業者シルヴェストレ・オチャガヴィアは「現代チリワインの父」と呼ばれている。 ...
  • しかし、外来種を導入したことでオーストラリアワインやチリワインとの競争にさらされ、国内ではリオハの廉価版というイメージが付きまとった。
  • しかし、外来品種を用いたことでオーストラリアワインやチリワインなどとの競争にさらされ、またスペイン国内では常にリオハの廉価版とのイメージが付きまとっている。 ...
  • 彼はヨーロッパに渡り当時最新の醸造技術を勉強し、フランスボルドーのブドウの苗木をチリに持ち帰り、チリワインに変革をもたらした。 ...
  • チリワインは日本国内でも、輸入時に関税がかからない、チリの人件費が欧州に比べて安い、恵まれた気候条件によるブドウの質の高さなどから、コストパフォーマンスの良いワインとして親しまれている。 ...
  • このように、今日におけるカルメネールの大多数をチリ産が占めており、チリワインの伸長も相まって、この品種のブレンド用としてのポテンシャルの高さが実証されてきており、なかでもカベルネ・ソーヴィニヨンとの組み合わせで顕著である。 ...
  • ただし、2019年2月に発効した日本・EU経済連携協定により、欧州産ワインの関税が撤廃されたことから、2019年のチリワインの輸入量は前年比で減少に転じた。 ...