チラチャップ

38 の例文 (0.00 秒)
  • アナンバスで待機したのち、チラチャップ沖に進出するが、途中で駆逐艦から攻撃を受けている。 ...
  • なお、故郷から遠い戦場に派遣されることを不満とした兵補の一部は、1944年7月23日にチラチャップで日本軍に対し反乱をおこして制圧されている。 ...
  • チラチャップでは浸水を防ぐ応急修理しかできなかった。 ...
  • タイプ標本はチラチャップ港で採集された個体である。 ...
  • これを受け3月1日、中将はチラチャップに残っていた艦船にオーストラリアおよびセイロン島への脱出命令を出した。 ...
  • 駆逐艦によって曳航するとしても、チラチャップ港入り口の浅い水路を通過するためには浸水により沈みすぎていた。 ...
  • しかし、日本側の砲撃が正確なことと味方が旧型艦であることから戦闘を早々に打ち切って、チラチャップに引き上げざるを得なかった。 ...
  • 同日2隻は出港し、スンダ海峡経由でジャワ島南岸のチラチャップへ向かった。 ...
  • もっとも、エドサルに収容された生存者の移送作業中に日本機に発見されたため作業は打ち切られ、エドサルはチラチャップに向かった。 ...
  • シールがチラチャップに入港したのと同じ日に日本軍はスマトラ島に、さらに2月19日にはバリ島にそれぞれ進撃。 ...
  • ジャワ島陥落が差し迫った3月1日、中将はチラチャップに残っていた艦船に脱出命令を出した。 ...
  • ジャワ島南岸のチラチャップは、ジャワ全土で日本軍に破れた連合軍部隊の最後の拠点であった。 ...
  • チラチャップ到着以降、2月27日までの間のエドサルの動向は定かではないが、2月16日ごろにアルデンとともに輸送船の護衛に従事している。 ...
  • しかし、バタビアは最早連合軍にとって安全な場所ではなく、戦力の再編成を行うためにABDA司令部よりスンダ海峡経由でジャワ島南岸のチラチャップへ移動する命令が下された。 ...
  • 海戦後、ピルスバリーは海戦中に座礁事故を起こしたパロットを助け、チラチャップに後退した。 ...
  • しかし、連合軍はさらに敗退を重ね、3月1日にいたってジャワ方面の海軍部隊司令官中将はすべてのチラチャップ停泊艦船に対して脱出を命じた。 ...
  • 一連の戦闘を「チラチャップ沖海戦」という。 ...
  • 次へ