チャロ川

全て 名詞
13 の例文 (0.00 秒)
  • 発見された場所がチャロ川であったことからチャロアイトと命名された。 ...
  • 茶路川の上流にあることによる命名である。 ...
  • また2010年時点では、駅跡の近くに「第二十二茶路川橋梁」などが残存している。 ...
  • また2001年時点では、駅跡の近くに「第二十三茶路川橋梁」などが残存している。
  • 茶路川ちゃろかわの水れた川床が左に見えて来た。 ...
  • もとの地名は茶路川の分岐に由来する三股であったが「今後なお北方に進み、開拓と発展を期待して」、「北進」と命名された。 ...
  • かつては国鉄白糠線が沿岸部の白糠駅から茶路川に沿って北進まで通っており、さらに螺湾地区を通って足寄まで延伸する計画があったが、1983年10月23日に廃止されている。
  • チャロアイトは、ロシア連邦サハ共和国を流れるチャロ川で調査・発見され、1978年に認定された新鉱物。 ...
  • また2011年時点では、駅跡の近くに「縫別川橋梁」「第五茶路川橋梁」「第六茶路川橋梁」などが残存している。 ...
  • ほぼ平坦な地帯を屈曲しながら茶路川に沿って北上する路線で、茶路川を白糠 - 上茶路間では10回、上茶路 - 北進間では13回横断していた。 ...
  • 茶路川は、北海道白糠郡白糠町を流れ太平洋に注ぐ二級河川。 ...
  • 茶路川水系の本流である。 ...