チタン合金

114 の用例 (0.01 秒)
  • 噂じゃチタン合金のプレートを手術で皮膚のしたに埋めこんでいるそうだ。 石田衣良『少年計数機 池袋ウエストゲートパーク2』より引用
  • レース用となるとチタン合金などをバフ研磨されたものなどが用いられる。
  • 一部の資料に装甲をチタン合金ハイセラミック複合材とするものがある。
  • 狂暴きょうぼうな海水の力の前に、チタン合金製ごうきん船殻せんこく屈服くっぷくしようとしている。 賀東招二『フルメタル・パニック!03 揺れるイントゥ・ザ・ブルー』より引用
  • 普通ふつうのASの三倍以上の長さで、チタン合金ごうきんとセラミックスを重ねて作られている。 賀東招二『フルメタル・パニック!02 疾るワン・ナイト・スタンド』より引用
  • まどかいわくチタン合金製で、192ビット級の処理能力を持っている。
  • また、操縦席をチタン合金で補強し、徹底的な防御手段を講じている。
  • 基本的な歩兵用モデルのうち、特に問題になっている重さの問題を解決するために、機関部にチタン合金を使用して軽量化を図っている。
  • その後、遠心式はチタン合金の登場や航空技術の進歩とあいまって大きな圧力比が実現できるようになった。
  • 難削材の代名詞といえる、ニッケル基合金やチタン合金も例外ではない。
  • さらに1959年には、チタン合金による軽量化、底板の安定性向上といった改良もなされている。
  • ソ連のアルファ型原潜など、チタン合金を採用したものもある。
  • 特殊なチタン合金製のシャーシは耐熱性にも優れている。
  • これらの技法は特殊鋼や超合金やチタン合金でも共通である。
  • 超高速を実現するため、チタン合金を採用していると西側では予測していたが、実際のところ鋼材とのハイブリッド使用によって超高速時の機体の耐熱限界温度の向上に成功している。
  • アーム・スレイブは、たとえ人の形をしていても、チタン合金や高分子素材こうぶんしそざいを寄せ集めただけの機械なのだ。 賀東招二『フルメタル・パニック!05 終わるデイ・バイ・デイ(下)』より引用
  • 装甲はチタン合金とスペースシャトルにも使用されているセラミック製耐熱タイルで構成されている。
  • 現在用いられている材料としてはチタン合金のほか、セラミックス、骨セメントなどがある。
  • そこには第2世代のつがいと、つがいの間に生まれた第3世代のメスの3頭が施設を中心としたチタン合金の網で囲まれた巨大水槽で飼育されていた。
  • 同社のゴムの表面にチタン合金の層を負荷させた素材で、保温性を高めた素材である。
  • 次へ »