ダーシュコワ

全て 名詞
24 の例文 (0.00 秒)
  • 先帝殺害にダーシュコワは大きな衝撃を受ける。 ...
  • 科学アカデミー院長として、ダーシュコワは、アカデミーにおける学者の優位を確認するとともに、帝国に研究成果を普及することを方針とする。 ...
  • これらの噂が、エリザヴェータの妹であるエカチェリーナ・ダーシュコワと皇后エカチェリーナが結託した理由と考えられ、ついにへと発展することになる。 ...
  • ダーシュコワと女帝との関係は、ダーシュコワが忠実に献身し続けたにもかかわらず、次第にぎくしゃくした物になった。 ...
  • ダーシュコワには負債が残された。 ...
  • ダーシュコワは同志を募り、青年将校の中心であったオルロフ兄弟を取り込むことに成功した。 ...
  • ディドロは「ダーシュコワ夫人は全く美人ではない」「当時27歳の彼女が40歳くらいに見えた」と容貌については、辛辣に語っている。
  • ダーシュコワはショックで倒れ、左半身麻痺が残った。 ...
  • その関係から、ダーシュコワ夫人は当時皇太子妃であったエカテリーナ2世の知遇を得、親しく政治論、社会論、芸術論を闘わせる無くてはならない間柄になる。 ...
  • 女帝の登極に大きな役割を果たしたダーシュコワ夫人は、女帝から2000ルーブルの年金と農民600名を下賜される。 ...
  • ロマンの弟でダーシュコワの叔父に当たるミハイル・イラリオノヴィッチ・ヴォロンツォフは、親仏派の政治家で、副宰相を経て、宰相にまで上り詰める。 ...
  • パーヴェル1世は、ダーシュコワを正式に解任すると共に、ノヴゴロド県の息子の所領に蟄居を命じる。 ...
  • ゲルツェンは、回想録序文でダーシュコワをエカテリーナ2世と並ぶ偉大な女性として、賞賛している。
  • 祖母エカテリーナに薫陶されたアレクサンドル1世は、ダーシュコワの復帰を要請するが、ダーシュコワは、高齢と健康状態を理由に固辞した。 ...
  • 翌年9月勅許を得たダーシュコワは、12月サンクトペテルブルクを発ち、ミハルコワ夫人の変名で第一回西欧旅行に出発した。 ...
  • 啓蒙主義者でもあったダーシュコワは、院長として辣腕を振るい、科学アカデミーの再建に着手し、財政再建と出版活動の活性化に力を注ぐ。 ...
  • ダーシュコワはパーヴェルの教育環境を整え、デービッド・ギャリック、ウィリアム・ロバートソンらに息子の教育を任せた。 ...
  • 次へ