タクシーが走り出す

20 の用例 (0.00 秒)
  • タクシーが走り出すと、その少女は、駅の方をしばらく振り返っていた。 赤川次郎『名探偵はひとりぼっち』より引用
  • 彼が乗ったタクシーが走り出したときに、なにか叫んでいた花子の顔が見えた。 新田次郎『孤高の人』より引用
  • タクシーが走り出したはいいが、青年はタクシー代を持っていないことに気づく。 星新一『おかしな先祖』より引用
  • タクシーが走り出すと、亜由美は、やっと少し頭が回転し始めるのを感じた。 赤川次郎『忙しい花嫁』より引用
  • タクシーが走り出すと、天童が飯坂温泉と違うことがすぐわかった。 西村京太郎『みちのく殺意の旅』より引用
  • 二人は真鍋を乗せたタクシーが走り出すのを見て走り出した。 赤川次郎『女社長に乾杯!』より引用
  • タクシーが走り出したとき、小笠原は暗い街灯に映し出された彼女の顔を見た。 新田次郎『昭和新山』より引用
  • 藤原は、タクシーが走り出すと、ハンカチを取り出して、汗をぬぐった。 赤川次郎『フルコース夫人の冒険』より引用
  • 高木を乗せたタクシーが走り出したのを見て、寺尾は安堵あんどした。 小林信彦『紳士同盟ふたたび』より引用
  • タクシーが走り出すまで、サッシンは手を挙げて上杉を見送った。 松本清張『空の城』より引用
  • 御影を乗せたタクシーが走り出す。 樹生かなめ『~ラベンダー書院物語~ その男、熱愛中につき』より引用
  • タクシーが走り出すと、朋子は、座席ざせきにゆっくりと身をもたせかけて、目をじた。 赤川次郎『かけぬける愛』より引用
  • タクシーが走り出すと美貴子は、美加からの電話だと告げられた喜びと「ご病人が出た」と言われたことの不安との間で揺れていた。 朔立木『死亡推定時刻』より引用
  • 武井が行先を告げて、やっとタクシーが走り出したとき、真美はそっと息をついた。 赤川次郎『滅びの庭』より引用
  • 大抵の場合、会場から乗ったタクシーが走り出した途端、包み紙を破いて開いてしまう。 向田邦子『父の詫び状』より引用
  • 帰りがひとりの場合は、会場から乗ったタクシーが走り出した途端に包み紙を破って中を見てしまうのだが、「一軒廻ってゆきませんか」ということになると、お預けである。 向田邦子『無名仮名人名簿』より引用
  • タクシーが走り出したとき、半玉は小走りに追ってきた。 菊地秀行『トレジャー・ハンター09 エイリアン京洛異妖篇』より引用
  • ネル・ブリンレイは、玄関まで追って来て、その場に立ったまま、タクシーが走り出してぐるっと角を曲がるのを見つめていた。 ガードナー/能島武文訳『奇妙な花嫁』より引用
  • タクシーが走り出すと、予史子は、やっと息をついた。 赤川次郎『殺し屋志願』より引用
  • あのタクシーが走り出すところだ。 赤川次郎『悲歌』より引用