セルムーズ公爵

76 の用例 (0.00 秒)
  • セルムーズ公爵がテーブルに着くと、息せき切って一人の男が入って来た。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(上)』より引用
  • セルムーズ公爵がご帰還になられたことはすでにご存知のことと思います。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(上)』より引用
  • やがてセルムーズ公爵は、この上なく冷酷な満足を隠し切れぬ調子で言った。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(上)』より引用
  • セルムーズ公爵は、してやったりと卑劣な喜びを隠そうともしなかった。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(上)』より引用
  • メイがセルムーズ公爵であるという動かぬ証拠をにぎってみせます。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(上)』より引用
  • セルムーズ公爵のような大貴族は、王侯のような生活が保証されているのではありませんか? ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(上)』より引用
  • 誰かが、セルムーズ公爵は王の友であると言いました。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(上)』より引用
  • セルムーズ公爵は、いても立ってもいられず、できることならすぐにでも息子を探しに出かけたかった。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(下)』より引用
  • 朝、セルムーズ公爵が訊問のため房にやって来たときのことだ。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(下)』より引用
  • セルムーズ公爵など憤激の余り気も動転せんばかりのありさま。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(下)』より引用
  • そこでシュパンは、セルムーズ公爵夫人の名を出してしまった。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(下)』より引用
  • 息子のマルチアルを傍に、セルムーズ公爵はミドン司祭と話していた。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(上)』より引用
  • それによると、セルムーズ公爵はパリに八日間滞在したが、勲章で身を飾ってもどって来たという。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(下)』より引用
  • 第一、メイとセルムーズ公爵が同一人だなどと断言しようものなら、みんなは何と言うだろう? ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(下)』より引用
  • セルムーズ公爵は茫然として、侯爵とその娘が立ち去って行く姿を見つめていた。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(下)』より引用
  • みなさんがお聞きになった銃声は、セルムーズ公爵の名誉と栄光のために発射されたものです。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(上)』より引用
  • メイと名のる囚人がもともと上流社会の人間なら、セルムーズ公爵家の習慣に通じていたところで何の不思議もないではないか。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(上)』より引用
  • セルムーズ公爵は頭を抱えていた。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(下)』より引用
  • セルムーズ公爵の歩兵が大挙して迫って来た。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(上)』より引用
  • セルムーズ公爵は六万フランをいやそれ以上をさえ、ラシュヌールに贈るとも言った。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(上)』より引用
  • 次へ »