セジャヌス

全て 名詞
2 の例文 (0.00 秒)
  • この作品では、セジャヌスが反道徳的な雄弁をふるう。 ...
  • 主題はローマ皇帝ティベリウスの寵臣セジャヌスの陰謀で、作者は歴史を自由につくりかえているが、セジャヌスと共謀するアグリピーヌや皇帝の義娘リヴィリアの高貴でしかも激越な性格には後の古典悲劇の女主人公を思わせるものがある。 ...