セイシュ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 戦後二十年にしてウイスキーは清酒に匹敵する国民酒になってしまった。 ...
  • ビール一本一円五十銭、清酒一円五銭、御料理二円といった札が出ている。 ...
  • 大坂の町に進出した鴻池屋の清酒は遠い江戸の地でも飛ぶように売れた。 ...
  • 日本酒、または和酒は、通常は米と麹と水を主な原料とする清酒を指す。 ...
  • 清酒とちがい、ウイスキーは出来たものをすぐ商品にするわけにはいかない。 ...
  • 特に事業が飛躍した要因としては、清酒を開発したためとされる。 ...
  • 秋山小兵衛が道場開きをしたときには、見事なたいを一尾に、清酒の柄樽えだる ...
  • この時、祖父となった佐藤三五郎はこれを記念し、清酒「初孫」を発売。 ...
  • 近代になっても全国に先駆けて酒造り産業として清酒醸造法を確立している。 ...
  • 昔は珍重されて今はない清酒のもうひとつの型に古酒があります。 ...
  • これを現在の清酒の初見とみなす説があるが、議論の分かれるところである。 ...
  • 清酒工房に通じる展示室では、江戸時代の酒造道具を工程順に展示する。 ...
  • 金紋秋田酒造株式会社は、秋田県の清酒製造業を行う日本の酒蔵である。 ...
  • 当時、酒といえば清酒、夏にビールが出てくるぐらいがせいぜいの時代だった。 ...
  • いよいよ清酒が飲めないことになれば、私は濁酒どぶろくでやろうかと考えている。 ...
  • このことから、清酒の醸造が最初に行われた所といわれている。 ...
  • ビルマの山の中であったが、まぐろのさしみと、日本の清酒がならんだ。 ...