スペードの女王

64 の用例 (0.00 秒)
  • あとから思えば片瀬の海に浮かんだスペードの女王の首なし事件は、岩永久蔵殺しの前奏曲にすぎなかった。 横溝正史『スペードの女王 v0.9』より引用
  • しかも、この東山里子というのが八百子の左の内股に、スペードの女王の刺青のあることを知っていたというわけですね。 横溝正史『スペードの女王 v0.9』より引用
  • 神崎八百子には前田豊子を身替わりにして、スペードの女王という危険な立場から、救ってやろうと約束していたのかもしれない。 横溝正史『スペードの女王 v0.9』より引用
  • しかし、片瀬のほうでこういう事件があったばかりでなく、わたしのところへそういう威嚇的な電話があったところをみると、この記事にある、スペードの女王の刺青のある女の首なし死体とは、わたしの姉の前田豊子としか思えません。 横溝正史『スペードの女王 v0.9』より引用
  • ところがその反対に八百子を身替わりに立てて、豊子をスペードの女王に仕立てようとする場合だと、岩永久蔵を殺害する必要がありそうです。 横溝正史『スペードの女王 v0.9』より引用
  • 内股にあるスペードの女王の刺青が、また改めて入念に点検されたが、ただ見たところでは、それがいつごろ刺青されたものかわかるはずはなかった。 横溝正史『スペードの女王 v0.9』より引用
  • プーシキンの短編にもカルタのスペードの女王がまたたきをする話があるが、とにかくわれわれの神経が特殊な状態に緊張されると、こんな錯覚が生じるものと見える。 寺田寅彦『自画像』より引用
  • 前にもいったように海岸ではいまシーズンがたけなわなのだが、果たしてあれらのヨットのひとつの竜骨りゅうこつが、スペードの女王の首を斬り落としたのであろうか。 横溝正史『スペードの女王 v0.9』より引用
  • プーシキンは実際に面識があったわけではなかったが、公爵夫人はマダム・ムスタッシュとも呼ばれ、『スペードの女王』の老伯爵夫人のようにかつてはパリの花形だった。
  • しかも、東京駅で眼がさめたとき、左の内股がチクチク痛むので、トイレへ入って調べてみたら、このような悪戯いたずらをされていたのだと、そのときはじめて姉はそこをハッキリわたしに見せてくれたのですが、それがスペードの女王でした。 横溝正史『スペードの女王 v0.9』より引用
  • 香港やマカオの暗黒街で、スペードの女王といやあ有名なんですが、それでいてだれもその女の正体を知ってるものはない。 横溝正史『スペードの女王 v0.9』より引用
  • この手紙は前田浜子が小田急に乗る前に、新宿駅の待合室で書いたものだが、封筒も便箋びんせんもペンギン書房の名入りのものが使用されており、この手紙によってはじめて三月一日と二日のふた晩かかって、スペードの女王の刺青いれずみをされたのがだれであったか判明したのである。 横溝正史『スペードの女王 v0.9』より引用
  • さて、わたくしが先生に御相談申し上げたいと思っておりますのは、ここに同封いたしましたけさの東京日報の切り抜きにある「スペードの女王の首なし死体」の事件に関してでございます。 横溝正史『スペードの女王 v0.9』より引用
  • その女は黒いビロードの上に身を横たえて、首を少し横にむけて眠っているが、下半身は仰向けになっており、左の内股うちまたにははっきりと、スペードの女王が見えている。 横溝正史『スペードの女王 v0.9』より引用
  • もちろんスペードの女王は陳の愛弟子でしたから、麻薬のルートや暗黒街の表裏に関しては、ことこまかに知っていることはいうまでもありません。 横溝正史『スペードの女王 v0.9』より引用
  • しかも、きのう月曜日の朝、だれかが片瀬に浮かんだスペードの女王の首なし死体について、浜子の注意を喚起してきている。 横溝正史『スペードの女王 v0.9』より引用
  • さらにハンチャーは、テニエルの挿絵の中のハートの王たちが、トランプの標準的なハートの絵札に準じた服装をしているのに対し、ハートの女王だけはむしろそのライバルであるスペードの女王のような服装をしていることを指摘している。
  • そもそもチャイコフスキーはオペラ化に対して積極的でなく、『スペードの女王』は「ぼくの心を動かさない」とまで手紙に書いていた。
  • ダヴィドフは、伯爵夫人とスペードの女王の間の図像的な連関や、ジェンダーの混乱、伯爵夫人の夫への優位などを指摘し、こういった見方にも論拠があるとしている。
  • ところが去年の秋ごろから、またぞろスペードの女王が動きだしたという情報が、香港やマカオから入っているんです。 横溝正史『スペードの女王 v0.9』より引用
  • 次へ »