スペードの女王

64 の用例 (0.00 秒)
  • スペードの女王は伝統的に死や復讐と結び付けられてきたカードである。
  • そのままもとの席へ帰ると、もう一度首のないスペードの女王の記事に眼を通した。 横溝正史『スペードの女王 v0.9』より引用
  • 一の札だと思っていたのが、いつの間にかスペードの女王になっているではないか。 プーシキン・アレクサンドル・セルゲーヴィチ『世界怪談名作集』より引用
  • スペードの女王はだれにも顔を知られていなかった。 横溝正史『スペードの女王 v0.9』より引用
  • そういう意味ではスペードの女王の一件は、片づいたといってもよかったかもしれない。 横溝正史『スペードの女王 v0.9』より引用
  • だから目印といえば太股のスペードの女王、ただそれだけなんです。 横溝正史『スペードの女王 v0.9』より引用
  • 金田一耕助はこの男を二月二十八日の夜、スペードの女王といっしょだった男ではないかと考えていたのであろう。 横溝正史『スペードの女王 v0.9』より引用
  • プーシキンのスペードの女王は、ファロの勝負が作品全体の主要なテーマである。
  • やっこさん、スペードの女王にゃ長いこと悩まされてきてるんでさあ。 横溝正史『スペードの女王 v0.9』より引用
  • そのとき、スペードの女王が目を細め、にんまりと唇をゆがめたかに見えた。 プーシキン/高橋包子訳『スペードの女王・大尉の娘』より引用
  • 彼の指揮したのは『スペードの女王』だったはずだが。 吉田秀和『世界の指揮者』より引用
  • まさしく『一』のかわりに、テーブルにあったのはスペードの女王だったのである。 プーシキン/高橋包子訳『スペードの女王・大尉の娘』より引用
  • だから、いつかふたりのスペードの女王に、根本的なちがいのあることに、気がついていたかもしれません。 横溝正史『スペードの女王 v0.9』より引用
  • また『スペードの女王』を書いていた頃の日記には、ある公爵とペステリの話をしたことを記してもいる。
  • 神崎八百子が真実スペードの女王だったとしても、彼女がそれを身につけるのは、おそらくスペードの女王として活躍するときに限られていたのだろう。 横溝正史『スペードの女王 v0.9』より引用
  • スペードの女王もその当座はどこかで逼塞ひっそくしていたらしく、おとなしくしていたらしいんですね。 横溝正史『スペードの女王 v0.9』より引用
  • なかでもプーシキンの「スペードの女王」などを含む外国の翻訳物が多いのが目につく。 河村幹夫『われらロンドン・シャーロッキアン』より引用
  • そして、なか一日おいた日曜日の午後、スペードの女王の刺青のある、女の首なし死体が発見されているんです。 横溝正史『スペードの女王 v0.9』より引用
  • 夢のなかで、スペードの女王に追いかけられていた。 ベレアーズ『(ルイスと魔法使い協会1)壁のなかの時計(TXT)』より引用
  • 途端とたんに、そのスペードの女王が皮肉な冷笑を浮かべながら、自分の方に眼配せしているように見えた。 プーシキン・アレクサンドル・セルゲーヴィチ『世界怪談名作集』より引用
  • 次へ »