スナンの王立製塩所

17 の例文 (0.00 秒)
  • アル=ケ=スナンの王立製塩所は、経済面では期待された成果を収めることはできなかったが、ルドゥーが建設した先進的な産業建築としての価値を持っている。 ...
  • これらの基準はすべてアル=ケ=スナンの王立製塩所が単独登録された時点で適用されていたもので、サラン=レ=バンの大製塩所は、特に基準を強化するものとして拡大された。
  • 近くでアル=ケ=スナンの王立製塩所が設立され、森の木材を使って塩水を煮詰めて塩を取る計画もあった。 ...
  • サランの製塩所群の地下で汲み出された塩水は、昔はアル=ケ=スナンの王立製塩所にも送られていた。 ...
  • やや逆のケースもあり、フランス革命期のエティエンヌ・ルイ・ブーレーやアル=ケ=スナンの王立製塩所の実作のあるクロード・ニコラ・ルドゥーも革命後実作に恵まれなかったが、その後幻想的な計画案を残し、これらが注目を集めていった。 ...
  • ルドゥーは晩年の著書『芸術・習俗・法制との関係から考察された建築』において、監督官の邸宅を中心とする円形の理想都市の計画を示しており、アル=ケ=スナンの王立製塩所は、未完に終わった理想都市としばしば見なされている。 ...
  • サラン=レ=バンの大製塩所とアル=ケ=スナンの王立製塩所は、いずれもそうした製塩業と産業建築の歴史を伝えるものとして登録された文化遺産であり、どちらもフランシュ=コンテ地域圏に残っている。 ...
  • この他、アル=ケ=スナンの王立製塩所は住宅と工場理想都市。 ...
  • サラン=レ=バンの大製塩所からアル=ケ=スナンの王立製塩所までの煎熬塩の生産は、製塩業の歴史を物語るとともに、かつて計画された理想都市の面影を含むフランスの産業遺産として、国際連合教育科学文化機関の世界遺産リストに登録されている物件である。
  • また、古典古代建築への関心から幾何学的比例を重視し、ラ・ヴィレットの関門やアル=ケ=スナンの王立製塩所を創出したクロード・ニコラ・ルドゥーやアイザック・ニュートン記念碑を設計したエティエンヌ・ルイ・ブーレーは、空想的建築という新境地を開拓した。 ...
  • 一方、アル=ケ=スナンの王立製塩所は、シャトー=サランにあった旧来の製塩所の移設計画に端を発するが、建築家クロード=ニコラ・ルドゥーの設計によって、のちの産業建築の先取りとなった建物である。 ...
  • アル=ケ=スナンの王立製塩所は、ドゥー県に残る製塩施設であり、現に操業されていた製塩施設というだけでなく、クロード=ニコラ・ルドゥーの都市計画を伝える文化遺産でもある。 ...
  • thumb|right|250px|ショーの森の木材は赤い字で示したルー川を下って運ばれた thumb|right|250px|アル=ケ=スナンの王立製塩所からの塩はドゥー川も利用した、赤点線のローヌ川・ライン川運河によっても運ばれる予定であった。 ...
  • アル=ケ=スナンの王立製塩所の建設は、サラン=レ=バンの生産量の縮小につながった。 ...
  • thumb|サラン=レ=バンとアル=ケ=スナンをつないだ導管のルート アル=ケ=スナンの王立製塩所は1895年の操業停止後、一時的に倉庫などの転用された後、文化財に指定しようという動きが起こった。 ...
  • アル=ケ=スナンの王立製塩所は、フランス東部のドゥー県アル=ケ=スナン市にある旧製塩所で、創造力豊かな建築家クロード・ニコラ・ルドゥが都市計画まで視野に入れて手がけた建築物。 ...