ストア学派

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • その学派の後またストア学派なる者があって、同一の主義を唱道した。 ...
  • にがい真実を黙認して、それをストア学派的に耐え忍ぶ法もあった。 ...
  • アパテイアと呼ばれるこの境地は賢者の到達すべき目標であるとともに、ストア学派における最高の幸福であった。 ...
  • そしてアカデメイアの学頭となり、急進的な懐疑主義の立場からストア学派を攻撃した。 ...
  • この場合かれに必要なのは、デカルトやスピノザによって、いっそうはっきりと解明されたストア学派の深い知恵であろう。 ...
  • また、ストア学派の開祖ゼノンの生地としても有名である。 ...
  • 自ら求めず、自然に則り、運命に従うことを綱領としたストア学派にとって禁欲は必要不可欠な訓練だった。 ...
  • いにしえのストア学派のごときは、禁欲主義を説き、幸福を下品なものとして非難した、幸福を説いたエピクロスが、豚の哲学だといって攻撃されたりした。 ...
  • ストア学派の哲人たちと、初期のキリスト教徒たちは、人間は、自分の意志のみによって、すなわち、すくなくとも「人間」の援助をうけないで、最高の善を実現し得ると信じていた。 ...
  • 教師から水夫への変転は、たしかに、ひどいもので、こいつをニヤッと笑って辛抱するには、セネカやストア学派の哲学者の用いた強いが必要だ。 ...
  • しかもそれは、メイフラワー号以来の清教徒ピユーリタンの戒律によるのではなしに、ギリシアのストア学派のように、自らの哲学によって厳格に身を持することでそれを貫き、崩すまいとしているのだ。 ...
  • アレクサンドロス3世によってギリシアとオリエントの文化をヘレニズム文化へと統合が進められ、ギリシア人は世界国家の市民としての価値観からストア学派が現れた。 ...
  • さてデモクリトスのアトム主義はエピクロスの倫理説となり、やがてストア学派の唯物論を結実した。 ...
  • キプロスの哲学者ゼノンにより確立されたストア学派は自然の法則と合致するように人間の理性をはたらかせる禁欲主義の倫理を提唱し、理性によって全ての人間を平等に同胞とする世界市民主義と自然法の着想を展開した。 ...
  • ストア学派に従えば、宇宙は唯一の理に由りて支配せらるる者で、人間の本質もこの理性の外にいでぬ、理に従うのは即ち自然の法則に従うのであって、これが人間において唯一の善である、生命、健康、財産も善ではなく、貧苦、病死も悪ではない、ただ内心の自由と平静とが最上の善であると考えた。 ...