スタメンを外れる

20 の用例 (0.00 秒)
  • アホは3戦目のスペイン戦でスタメンを外れ、ピッチの外で終戦を迎えた。
  • ハイマンは両膝半月板の具合が悪く、スタメンを外れ途中出場に留まっていた。
  • 翌もレギュラーだったが、その後はスタメンを外れる事が増え、代打を中心に活躍した。
  • からは調子を落とし、スタメンを外れる試合も多くなった。
  • 復帰後は定位置であった4番を外れ6番で起用されることが多く、時にはスタメンを外れることもあった。
  • 最後に規定打席に到達した1989年には、梅雨時に10数試合スタメンを外れている。
  • 規定打席には9回到達しているが、腰痛持ちであり、夏場などにスタメンを外れていた。
  • しかし故障でスタメンを外れた時期とチームのスランプからの脱出がほぼ同時期だったこともあり、シーズン中盤以降はサブに回る機会が多くなった。
  • 世界レベルの高さを武器にアタック・ブロックで活躍したが、ルール変更によりコートに立てる外国人選手が2人から1人になってからは、エースポジションに外国人を入れることが多くなり、スタメンを外れることが多かった。
  • ところが、開幕後は打撃不振に苦しみ、開幕第3戦目にして早くもスタメンを外れる。
  • 当時、日本シリーズはDH制を採用していなかったため、シーズン中はDHだったチャーリー・マニエルがヤクルト時代以来1年ぶりにライトの守備位置についた一方で、本来ライトを守る佐々木恭介がスタメンを外れることになった。
  • しかし、第3戦以降はスタメンを外れ、日本ハムとの日本シリーズでもベンチを暖めた。
  • 手首を痛めてからはスタメンを外れ、8月中旬にはスタメン復帰したものの、右手一本で安打を打つ時もあるなど後半戦は調子を落とした。
  • この時代、長嶋と王が怪我や調整等でスタメンを外れた試合以外、で4番打者に座ったのは、36代柴田勲のみである。
  • 山崎武司は著書の中で高代について上司に媚びる・監督に媚を売る・権力にものを言わせる・選手目線で対話できない指導者と記し、山崎は高代との確執でスタメンを外れることが多くなったという。
  • スタメンを外れた日は、川又米利と共に代打の切り札として首脳陣からの信頼も厚く、ファンにとっても強く記憶に残る選手であった。
  • しかし、打力不足の印象は否めず、5試合目からはスタメンを外れ、以後は主に守備固め・代走として出場した。
  • 後半戦は体調不良を起こしてスタメンを外れることもあったが、9月6日から10月11日まで、NPB史上6人目かつ外国人選手では最多となる30試合連続安打を記録した。
  • 開幕から2戦に連勝したため、スティペ・プレティコサやルカ・モドリッチといった主力選手もグループリーグ第3戦のポーランド戦はスタメンを外れて温存された。
  • 早稲田大学に進学して3年春には外野手のレギュラーとして一番打者を任されるようになり、秋季リーグ戦では打撃不振からスタメンを外れる事もあったものの早慶戦で代打として逆転のタイムリー二塁打を放って勝利打点を挙げ、この試合で7季ぶりのリーグ優勝が決まった。