スタメンから外れる

20 の用例 (0.00 秒)
  • 同年は一時期スタメンから外れ、怪我で長期離脱した後に復帰した。
  • はオープン戦から荻野貴司が台頭したため、開幕スタメンから外れた。
  • 序盤こそは活躍したものの、連敗脱出のためにシーズン中に各クラブから選手を補強していった頃から、再びスタメンから外れる事が多くなり、同年限りで現役を引退した。
  • 福本にとって最初で最後の大きな故障離脱で、これを境にスタメンから外れ、出場試合数も減るようになった。
  • 代表では1994 FIFAワールドカップ1次予選ではレギュラーとして活躍したものの、最終予選では調子を落とし第2戦のイラン戦後はスタメンから外れ、最終戦のイラク戦は途中交代での出場であった。
  • 第1戦はスタメンから外れ、第2戦ギリシャ戦と第3戦コロンビア戦はスタメンで起用されたが、チームはグループリーグ敗退となった。
  • 東アジアカップ以降の親善試合ではスタメンで起用されることが多かったが、W杯では全試合スタメンから外れ、第1戦コートジボワール戦と第3戦コロンビア戦は後半途中から投入されたが、いずれもチームは敗れグループリーグ敗退となった。
  • しかし、1995年のNICOSシリーズよりモーゼルが加入した頃からスタメンから外れる事が多くなった。
  • その後もU-23日本代表候補に選出されていたが、浦和ではスタメンから外れる事が多くなり、 現役終盤は出場機会を求めアルビレックス新潟や湘南ベルマーレへ移籍しプレーを続けた。
  • 同じく後輩の木元邦之が2004年のプレーオフでスタメンから外れたことに荒れていた際に励ましたことがある。
  • 同年のドイツW杯にも出場し、レギュラーとして活躍するも、自身がスタメンから外れた決勝トーナメント一回戦のフランス戦でチームは敗れ、ベスト16どまりだった。
  • は新外国人選手のエクトル・ルナとマット・クラークの入団により、7年ぶりに開幕戦のスタメンから外れ、シーズン前半は代打での起用が多かった。
  • 翌第2戦は相手先発が左腕の藤井秀悟だったためスタメンから外れるも、最終回に代打で出場しマイケル中村から四球を選んだ。
  • ところが、5月に入ってからは打率が1割台と低空飛行が続き、またこれまで安定していた守備でも精彩を欠くプレーが目立ち、さらに6月からはエルナンデスの復調もあって、再びスタメンから外れることが多くなり、7月11日に二軍に降格した。
  • 中盤から体調を崩してスタメンから外れていたが、シーズン終盤に復帰し、J1残留に貢献した。
  • しかし、試合は緑風が優位な展開になり、主将の赤木が海南戦での負傷によりスタメンから外れた湘北はチームワークも悪くなる。
  • しかし、連携面に難を残し終盤はスタメンから外れた。
  • 強肩の捕手であるが、フォークなどの変化球を後ろに逸らすなどキャッチングが課題である為、中日時代は小田がいる時は谷繁がスタメンから外れても出番が少ない。
  • の春先は再び故障で出遅れたが、復帰後は直後に一軍へ昇格し、小久保とアレックス・カブレラが故障・不調によってスタメンから外れた試合では、一塁手としてスタメン出場をする機会が多かった。
  • しかし、打率は伸び悩み、大石大二郎に監督が代わると、スタメンから外れるケースも多くなった。